RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
プロ野球&大相撲

忙しくてブログを書きそびれている間に、プロ野球は日本シリーズも終了してしまいました。

クライマックスシリーズで、阪神に実力の差を見せつけて日本シリーズに進出した巨人でしたが、今度は、その巨人がソフトバンクに実力の差を見せつけられました。

ぼくは、阪神が日本シリーズに進出できなかった場合は、「阪神の仇を取ってもらおう」という意味でパリーグのチームを応援することが多いですが、よく考えてみると、阪神が勝てなかった相手がパリーグに完敗するということは、セリーグはそれだけレベルが低いということになります。

昔から、「人気のセ、実力のパ」とよく言われています。

何度か、その言葉も死語になりかけた時期もありましたが、まだまだ死語ではないようですね。

もっとセリーグにも頑張ってもらい、せめて、最終戦まで開催できるくらいになってもらいたいです。

 

クライマックスシリーズと日本シリーズの間に、ドラフト会議も開催されました。

阪神が指名した選手は、ほとんどが高校生でした。

現在の阪神には若手の有望選手が多いので、今回の指名選手は、即戦力にならなくても、数年後に一軍で活躍できればいいので、高校生を中心に選択したことが間違っているとは言いません。

特に、1位指名の西投手は、我が岡山県の選手であり、今後が楽しみです。

でも、今までの阪神は、ドラフトで指名した選手をうまく育てることができないことも少なくないです。

高校時代に、友人(巨人ファン)から「阪神は、ドラフト1位の選手を潰す球団だ」と言われたことがありました。

最初は、「こいつ、何てこと言うんだ」と思いましたが、よく考えてみると、彼の言うとおりです。

確かに、阪神に指名された選手は、期待外れに終わる選手が多いです。

その原因のひとつとして、いつまでもベテランに頼りすぎるというところがあります。

若手を育てることよりも、目先の勝利を優先にしがちです。

現に、糸井選手や福留選手のようなベテランをいつまでも使い続け、若手の使い方が足りません。

2年前に20本のホームランを打った中谷選手が、昨年と今年は一軍に定着できなかったのも、そのためでしょう。

彼は、もっと出場機会を与えていれば、4番に定着できるはずです。

なので、当ホームページの「阪神タイガースのページ」にある「“ゆうじ監督”の阪神打線構想」では、中谷選手が一軍に登録されている時は、常に4番に入れていました。

中谷選手に限らず、他にも、将来はクリーンナップを任せられそうな選手は居ますが、いつまでもベテランを優先的に使っているようでは、それらの選手が伸びません。

獲得したからには、責任を持って育てるべきです。

このオフには、FA選手や外国人選手の獲得はせず、現有選手をしっかり育ててもらいたいです。

 

話は変わりまして、今度は大相撲の話題です。

今月23日、岡山県倉敷市の水島緑地福田公園で、巡業が行われました。

ぼくは、早い時期に前売券を購入していました。

当日は、開門前から入口の所に並び、開門と同時に入場しました。

今までは、巡業に行った時は、力士たちの写真をたくさん撮っていましたが、今回は、写真撮影は控えめにして、サインをもらって回りました。

阿炎関、北勝富士関、玉鷲関、正代関、千代大龍関、琴奨菊関、琴恵光関、宝富士関、照強関、琴勇輝関、佐田の海関、阿武咲関、炎鵬関、松鳳山関、錦木関、豊ノ島関、東龍関、栃煌山関、貴源治関、千代丸関、隆の勝関、勝龍関、若隆景関、矢後関、霧馬山関、大翔丸関、水戸龍関、英乃海関、魁聖関、翔猿関、一山本関、旭大星関、蒼国来関、勢関、木崎海関、魁勝関、以上、36人の力士からからサインをもらうことができました。

色紙は1枚も用意せず、マジックだけ用意し、会場でもらったパンフレットの、各力士の写真が載っているところにサインをしてもらいました。

写真もいくつか撮りましたが、その中から、3枚アップしておきます。

 

ぼくが力士からサインをもらおうとしていると、ひとりの女性がぼくの所に来て、話しかけてきました。

その女性も、その力士からサインをもらおうと思っているようでした。

お互いに、その力士からサインをもらうことができ、自分の席に戻りましたが、その後、他の力士からサインをもらったり、写真を撮影したりしていると、再びその女性と逢い、その後は、ぼくの隣の席に座ってもらい(隣の席のお客さんは、既に帰っていた)、サインや写真を見せ合い、会話をしながら観戦しました。

帰る前に、その女性が「記念に1枚」と言い、スマートフォンを出してツーショット写真を撮影してくれたので、ぼくもスマートフォンを出して、同じように撮影しました。

その女性は、岡山市在住で高知県出身の、25歳の女性でした。(かなりの別嬪さんでした。)

本当に、いい想い出ができました。

倉敷での巡業は、今度はいつ開催されるかは分かりませんが、倉敷で開催される場合は、また行きたいです。

 

大相撲と言えば、またまたショッキングな出来事がありました。

先月、貴ノ富士関が付人に暴行したことが発覚し、相撲協会を去ったばかりですが、今度は、呼出の最高峰である拓郎氏が格下の呼出に暴行し、相撲協会を去ることとなりました。

大相撲は、ぼくの最も好きなスポーツなのに、このような不祥事が絶えず、本当に残念です。

相撲協会に残っているみなさん、お願いです。

ぼくの大好きな大相撲を、これ以上不祥事で汚すことのないように、くれぐれもお願いします。

日本古来からの大相撲の伝統を、守っていってください。

| スポーツ | 15:01 | trackbacks(0) |
CS&訃報

クライマックスシリーズに進出し、ファーストステージを突破した阪神でしたが、ファイナルステージでは実力の差を見せつけられ、日本シリーズ進出はなりませんでした。

悔しいですが、セリーグは最も成績の良かったチームが日本シリーズに進出し、まともな形で終わったということでしょう。

今シーズンの阪神の試合は全て終了しました。

退団が決まっている鳥谷選手は、どの球団へ行くのでしょうね。

内野の層の薄い球団へ行き、出番に恵まれれば、まだまだ活躍できるでしょう。

鳥谷選手の新天地での成功を祈ります。

 

クライマックスシリーズの期間中に、またまた訃報が入りました。

元プロ野球の投手で、国鉄や巨人で活躍した金田正一氏が、6日(日曜日)午前4時38分に亡くなられました。

86歳でした。

金田正一氏は、プロ野球の歴史に残る大投手で、史上最多の400勝、4490奪三振など、数多くの記録を残しています。

引退後は、ロッテの監督も務めました。

昨年10月には弟の金田留広氏も亡くなっており、1年後、兄・正一氏も後を追うように逝ってしまいました。

ご冥福をお祈りします。

| スポーツ | 15:04 | trackbacks(0) |
訃報

オペラ歌手の第一人者・佐藤しのぶさんが、先月29日に亡くなられました。

61歳でした。

佐藤しのぶさんは、1987年にNHKの「紅白歌合戦」に初出場しました。

ぼくは、その頃は彼女のことを全く知らず、「どうして、このような知らない人が紅白に選ばれるのだろう?」と思いました。

でも、紅白で彼女の歌声を聴き、歌唱力の素晴らしさに感動し、その後はテレビで彼女の名前を聞くたびに注目するようになり、いつしかファンになっていました。

紅白には、その年から4年連続で紅白に出場しました。

彼女の影響で、毎年1月3日に行われている「ニューイヤー オペラコンサート」を欠かさずテレビで見るようになりました。

1994年の正月には、彼女に年賀状を送ると、返事の葉書が送られてきました。

直筆ではなく、ワープロで印刷されたものでしたが、プロダクションではなくご自宅で作成されたものだとはっきり分かり、大喜びしました。

1994年3月には、岡山シンフォニーホールで、彼女が出演する「フィガロの結婚」が上演されたので、観賞に行きました。

彼女の舞台を観賞に行ったのは、それが最初で最後になってしまいました。

現在、ぼくは夢グループが主催するコンサートに度々足を運んでいますが、彼女の舞台にももっと足を運んでおけばよかったです。

また、会話もできず、ぼくのことを覚えてもらうこともできず、心残りです。

 

彼女の訃報を聞き、すぐに公式ホームページ等を見てみました。

「体調不良で、10月〜1月に予定されていた公演への出演を取りやめ、治療に専念する」というようなことが書かれていました。

でも、今年の8月頃までは、オペラ歌手としての活動を続けていたとのことです。

なので、「急逝」と言っても間違いではないでしょう。

佐藤しのぶさんのご冥福をお祈りします。

| 芸能 | 19:58 | trackbacks(0) |
公式戦、データ集

遅くなりましたが、本日、阪神タイガースの今シーズンのデータ集をアップしました。

今回は、月別、曜日別、六曜別、球場別、先発投手別、先発遊撃手別、先発2番打者別の勝敗を集計しています。

| スポーツ | 19:21 | trackbacks(0) |
全日程終了

昨日、プロ野球公式戦の全日程が終了しました。

阪神は、最後に頑張って6連勝し、Aクラス入りを果たしました。

ぼくは、今でもクライマックスシリーズの試合方式には賛成できませんが、とにかく、出られるようになったのですから、日本シリーズに進めるよう、頑張ってもらいたいです。

全日程が終了すると、いつも「データ集」を作成していますが、今回はバタバタしていて、まだ半分くらいしか出来ておりません。

明日は、母を病院に連れて行く用事もあるので、明日アップできるかどうか、微妙です。

気長にお待ちください。

| スポーツ | 19:17 | trackbacks(0) |
いろいろ

忙しいのは、仕事だけでなく、私事でも忙しくしていました。

 

8月17日、岡山市のライブバー「the ORiON」で開催されたフリーライブに参加し、3曲熱唱してきました。

 

20日、大阪ドームへ阪神:横浜DeNA戦を観戦に行ってきました。

8:0で、阪神の圧勝でした。

 

9月7日、岡山シンフォニーホールで開催された沢田研二さんのコンサートを観賞しました。

2階席だったので、顔がよく見えませんでしたが、白い顎髭を伸ばしているのは分かりました。

最初は、声が嗄れているようにも思えましたが、次第に往年の美声に戻っていき、さすがはプロだと思いました。

握手や写真撮影等はできませんでした。

 

15日、またまた岡山市のライブバー「the ORiON」で開催されたフリーライブに参加し、3曲熱唱してきました。

 

翌16日、倉敷市芸文館で開催された夏川りみくんのコンサートを観賞しました。

CD等のグッズを5,000円以上買えば、サイン会に参加できると聞き、最初は「5,000円以上は、ちょっと苦しいなあ。諦めようか」とも考えましたが、やはり、あとで悔いが残ってはいけないと思い、金欠でありながら、5,400円の2枚組CDを買い、終演後のサイン会にも参加できました。

これで、3年連続で倉敷市での開催です。

来年以降も、毎年開催してほしいものです。

 

20日、倉敷市民会館で開催された「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」を観賞しました。

伊藤咲子さんのCDと保科有里さんのDVDを買い、サインをもらい、2ショット写真を撮ってもらい、握手もしました。

同歌謡祭は、リリーズもレギュラーメンバーですが、その日はスケジュールの都合で欠席でした。

同歌謡祭には、11月にも行く予定です。(兵庫県赤穂市)

 

翌21日、阪神甲子園球場へ阪神:広島戦を観戦に行ってきました。

天気が心配でしたが、思ったより早く雨が止み、ほぼ定刻に試合が開始されました。

最初は2:0でリードされていましたが、やがて逆転し、4:2で阪神が勝ちました。

 

本日、倉敷駅前のアリオ倉敷で開催されている「なつぞら展」を観に行きました。

実際に撮影に使われた展示物等もあり、興味深く拝見しました。

グッズ売り場で、Tシャツを買いました。

 

このように、私事でもバタバタしていました。

これらの私事を控えめにすれば、もう少し楽になるかもしれないでしょうが、ぼくにとって、これらの私事は生き甲斐なので、控えることはできませんでした。

今後も、体を壊さない程度に、仕事も私事も頑張りたいです。

| いろいろ | 15:44 | trackbacks(0) |
遅くなりましたが

大相撲秋場所は、22日に閉幕しました。

今場所は、両横綱が途中休場し、大関陣も不振で、関脇力士を中心とする優勝争いとなりました。

御嶽海関、貴景勝関の両関脇と、平幕の隠岐の海関が最後まで優勝争いに残り、両関脇の優勝決定戦により、御嶽海関が2回目の優勝と成りました。

来場所、御嶽海関は12勝以上で大関昇進となるでしょう。

貴景勝関は、来場所大関に復帰しますが、決定戦で大胸筋肉離れの重傷を負ってしまいました。

以前は新大関の場所中に重傷を負い、今度は大関復帰を決めた場所に重傷を負うとは、本当に悲運ですね。

 

三賞は、殊勲賞=御嶽海関・朝乃山関、敢闘賞=隠岐の海関・剣翔関、技能賞=該当者なしと決まりました。

敢闘賞の隠岐の海関と剣翔関につきましては、異論はありません。

殊勲賞は朝乃山関1人とし、御嶽海関には技能賞を与えてもよかったでしょう。

 

栃ノ心関は、先場所は途中休場で、今場所は皆勤して負け越し、2場所連続の負け越しとなり、来場所は関脇に陥落します。

来場所で10勝以上すれば大関に復帰できますが、今場所の相撲を見る限りでは、難しいような気がします。

 

元関脇・嘉風関と、元幕内・誉富士関が、場所中に引退を表明しました。

嘉風関は年寄「中村」(本人所有)を襲名し、誉富士関は年寄「楯山」(借株)を襲名し、今後は後進の指導に当たります。

 

元関脇・逆鉾関の井筒親方が、今月16日、膵臓癌のため亡くなられました。

58歳の若さでした。

謹んで、ご冥福をお祈りします。

名門・井筒部屋の、今後の動向が気になります。

 

元関脇・益荒雄関の阿武松親方が、体調不良で退職することになりました。

まだ正式に発表されていませんが、今後は、元幕内・大道関の音羽山親方が部屋を継承するとのことです。

 

十両の貴ノ富士関が、またしても付人に暴行し、今場所は自粛休場しました。

既に、師匠から引退を勧告されているという情報も流れていますが、本人は、適切な措置を求めスポーツ庁に上申書を提出したとのことです。

こちらも、今後の動向が気になります。

 

日曜日に閉幕したのに、バタバタしていてなかなか総評が書けず、本日やっと書けましたが、あまり時間に余裕がなく、駆け足で書いたため、今までより内容が薄くなってしまったことをお詫びします。

| スポーツ | 15:00 | trackbacks(0) |
多忙

大相撲秋場所は本日閉幕し、ホームページの方は更新できましたが、いつもブログに書いている場所の総評は、まだ書けていません。

他にも、コンサートに行ったことや、野球観戦に行ったことなども書きたいのですが、仕事と私事が(特に私事が)忙しく、疲れも蓄積し、いつ書けるかは分かりません。(今週の水曜日までは、確実に書けないでしょう。)

今しばらくお待ちください。

| いろいろ | 20:03 | trackbacks(0) |
手作りケーキ、第59弾

明日(9月4日)はぼくの誕生日なので、本日、ケーキを作りました。

「手作りケーキのページ」に解説を載せています。

| 飲食 | 21:35 | trackbacks(0) |
ライブで熱唱

一昨日(28日・日曜日)、予定どおり、フリーライブに参加し、熱唱してきました。

初出演で、尚且つトップバッターだったため、とても緊張しました。

でも、特に歌詞を間違えたり、出だしを間違えたり、著しく音が外れたりすることもなく、まともに歌えたと思います。

曲目は、著作権等の都合により、ブログ等で公表してはいけないと主催者に言われているため、公表できませんが、懐かしい曲を3曲歌いました。(ぼくは、ギター等の演奏ができないため、カラオケで歌いました。)

他の参加者の方々は、ほとんどがライブ経験豊富なミュージシャンで、ギター等を演奏しながら歌っていました。

次回は、8月17日(土曜日)のフリーライブに参加する予定です。

| 芸能 | 15:52 | trackbacks(0) |