RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
繋がらない

ブログの更新がなかなかできず、申し訳ありません。

ホームページは遅れずに更新しようと思っていましたが、昨晩、パソコンが繋がらなくなり、阪神タイガースの昨日の試合結果も更新できておりません。

先程、カスタマーセンターに電話して見ると、「モデムが故障している可能性がある」とのことでした。

明日か明後日あたり、モデムが届く予定ですが、それまではネットもできません。

「阪神タイガースのページ」には「本日、観戦に行く」と書いてありますが、それは昨日(15日)のことです。

家の固定電話も使えませんが、スマートフォンは繋がります。

今日のブログの記事も、スマートフォンから書き込みました。

| パソコン・ネット | 10:41 | trackbacks(0) |
お蔭様で20周年

1999年5月30日にオープンした当ホームページは、一昨日、20周年を迎えることができました。

最近は、なかなかブログの更新ができず、そろそろ潮時かと考えたこともありました。

20周年を迎える前に、閉鎖するべきかと考えたこともありました。

でも、このような状況でも応援してくださる人は多く、掲示板の投稿やメールに励まされては考え直し、20周年という大台に乗ることができました。

よく考えてみると、ブログの更新はなかなかできなくても、メインであるホームページの方は遅れずに更新しているので、やはり続けて行かないと駄目だと思いました。

今後は、自分にプレッシャーをかけるようなことはせず、とにかく長く続けて行くことを考えて、頑張ります。

みなさん、今後もよろしくお願いします。

| ホームページ情報 | 15:25 | trackbacks(0) |
大相撲夏場所、閉幕

大相撲夏場所は、昨日閉幕しました。

元号が令和に変わって最初の場所を制覇したのは、平幕の朝乃山関でした。

朝乃山関は、学生時代から活躍していた有望力士なので、いつかは優勝すると思いましたが、まさか今場所で優勝するとは思いませんでした。

来場所は、小結に昇進し、横綱大関陣全員と対戦するでしょう。

高砂部屋から久々に現れた有望力士なので、部屋の由緒ある四股名「朝潮(朝汐)太郎」を襲名させてもいいと、ぼくは思います。

 

今場所最も注目されていた新大関・貴景勝関は、怪我で途中休場し、期待を裏切りました。

一度再出場した時、ぼくは「やめておいたほうがいい」と思いましたが、案の定悪化させてしまい、再び休場となりました。

来場所は、角番となります。

 

大関から陥落していた栃ノ心関は、復帰条件の10勝を挙げ、大関返り咲きを決めました。

中盤あたりまでは優勝しそうな勢いでしたが、終盤に古傷が痛み出したようで足踏みしましたが、14日目に鶴竜関を破り、返り咲きを決めました。

大関の地位を維持することの大変さを実感しているでしょう。

 

元大関・照ノ富士関は、三段目49枚目で6勝1敗でした。

来場所、幕下に復帰できるかどうか、微妙です。

 

今場所の三賞は、またまた納得の行かない選考でした。

殊勲賞は、絶対に玉鷲関に与えるべきです。

初日から勝ち続けていた横綱・鶴竜関に土をつけているし、優勝した朝乃山関にも勝っているのですから、文句なしの殊勲賞のはずです。(千秋楽の相撲に負けても、殊勲賞を与えるべきでした。)

しかし、近年は関脇以下の力士が優勝した場合は、その優勝力士(または、それに準ずる力士)に殊勲賞を与えることが多いです。

殊勲賞の本来の選考基準に従えば、玉鷲関が最も該当しています。

敢闘賞の志摩ノ海関は、新入幕で2桁の白星を挙げているので、文句なしでしょう。

技能賞は、実際に受賞した竜電関も該当していますが、それよりも、朝乃山関が該当していると思いました。

ぼくの、今場所の私製三賞は、殊勲賞=玉鷲関、敢闘賞=志摩ノ海関、技能賞=朝乃山関ですね。

 

今場所の終盤に、元十両の出羽疾風関と栃飛龍関が、相次いで引退を表明しました。

いずれも、相撲協会には残らず、第二の人生に進むようです。

長い間、お疲れさまでした。

 

来場所(名古屋場所)は、7月7日より開催されます。

番付発表は、6月24日です。

| スポーツ | 16:40 | trackbacks(0) |
令和最初の書き込み

元号が令和に変わり、早いもので、10日経ちました。令和の第1日目に、ブログに必ず何かを書こうと思っていたのですが、相変わらず忙しかったのと、睡眠不足による疲労もあり、書き込みができませんでした。令和最初の投稿は、10日目の今日になってしまいました。

 

令和初日の5月1日は、資源ごみの当番でした。いつものように早起きし、新聞配達をして、食事を済ませてゴミステーションに行くと、他の当番の人が2人、先に出ていました。今までは、当番の時はぼくが最初に出て、他の当番の人を待っていたのですが、今回は逆でした。当番と言っても、特に大変なことをするわけではなく、むしろ、当番同士で話をする時間の方が長く、楽しかったです。その日の昼は、前に勤めていた会社の先輩たちと、食事に行きました。前日発表された大相撲の新番付のことや、プロ野球のことや、新元号のことなどを話しながら食事をしました。

 

4日には、平成の終わりにできなかった、下津井電鉄の廃線跡地巡りをしてきました。今回は、昭和47年に廃線となった茶屋町〜児島間を歩きました。しばらく行かなかった間に、随分変わっていました。各駅の跡地に、復刻された看板が立てられていました。藤戸駅には、今までは電車が走っていた頃からの看板が残っていたのですが、残念ながら、古い看板は撤去され、復刻看板に変わっていました。古い看板は、近年はかなり色褪せ、朽ちていましたが、どんなに古くなっても、後世に残してほしかったです。また、天城駅の駅舎跡も取り壊され、新しい家が建てられていました。駅舎が残っていた頃に、写真を撮っておいてよかったです。このように、いろいろと変わっていましたが、当ホームページの「下津井電鉄廃線跡地を歩いて」は、まだ更新できていません。また、できる時に更新したいと思います。

 

5日は、2年前に当ブログで紹介しました、関西を中心にライブ活動をしているミュージシャン・あめり健クニさんが、2年振りに岡山でライブを開催しました。場所は、2年前と同じで、岡山市のライブカフェ「the ORiON」でした。前もって連絡があったので、ぼくも観賞に行きました。今回は、2年前ほど時間が無く、曲数は少なめでしたが、歌や演奏はレベルアップしていました。他に、数組のミュージシャンも出演しましたが、皆それぞれ違った個性を持っていて、素晴らしいライブでした。同店のママさんとも、2年振りの再会でしたが、ぼくのことは覚えておらず、「2年も経てば、忘れてしまう」と言っていましたが、ぼくが前回逢った時のことを話すと、思い出してくれたようでした。数日後、あめり健クニさんに「是非、また岡山でライブを開催してほしい」とメールを送っておきました。次回のライブが楽しみです。

 

平成最終日の書き込みの時にアップしようと思って、忘れていた写真があります。

3月に参加した「瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」の完歩証です。向かって左の上が1日目(10キロコース)、下が2日目(20キロコース)の完歩証です。2日とも完歩できたら、写真右の「完歩表彰状」ももらえます。ぼくは、2日とも参加したのは初めてなので、「完歩表彰状」は初めてもらいました。明後日(12日・日曜日)には、令和になって初めての「市民あるく日」が開催されます。

 

明日は、阪神甲子園球場へ行き、阪神:中日戦を観戦します。先月の観戦では阪神が負けているだけに、今回は絶対に勝ってもらいたいです。今夜は早く寝るので、当ホームページの更新が遅れます。明日は球場で観戦するので、明日もホームページの更新が遅れます。予め、ご了承ください。

| いろいろ | 14:59 | trackbacks(0) |
平成最後の書き込み

みなさん、またまたご無沙汰していました。前にも話しましたが、ブログに投稿しようとすると眠気に襲われ、投稿の途中で眠ってしまい、目が覚めた時は、本当に寝なければならない時間になっているということも多く、なかなか書くことができませんでした。平成時代の終わりまで、書くことができないかと思いましたが、当ホームページは、平成時代にスタートしたページなので、平成の最終日にサボるわけにはいかないだろうと思い、元気を出して書くことにしました。

 

ぼくは、倉敷市内で開催されているウォーキングイベント「市民あるく日」に2年前から参加していますが、一昨年、昨年と皆勤賞でした。今年も、1月13日に第1回目が行われました。毎年、第1回目には、前年の皆勤者の表彰があります。今回は、前年の皆勤者を代表して、ぼくが表彰状を受け取ることになりました。事前に連絡があったので、当日になってびっくりするということはありませんでしたが、やはり、大勢の前で表彰されたので、少し緊張しました。今年も皆勤すれば、来年の初めには3年皆勤賞の表彰(賞品付)があります。今年も、頑張って皆勤したいです。

 

2月21日より、大阪ドームで今シーズン開催される阪神戦のチケットが発売されました。そして、2月28日より、甲子園球場今シーズン開催される阪神戦のチケットが発売されました。甲子園と大阪ドームのチケットは、ぼくが狙っていた試合全てをゲットできました。ここまでは順調でしたが、3月1日より発売された広島球場のチケットは、残念ながらゲットできませんでした。コンビニに行き、機械を使ってチケットを狙うのですが、昨年は、ぼくの前に来ていた広島ファンの人が、自分のチケットが1試合だけゲットできたら、親切に「どうぞ」と言って、ぼくに順番を譲ってくれたので、ゲットすることができたのですが、今年は、非常識な人がしつこく何度も機械を操作し、譲ってくれる気配は全くなかったし、仕事中だったということもあったので、諦めました。広島のチケットは、ゲットするのは非常に困難だと聞いていましたが、噂どおりでした。

 

3月8日、倉敷マスカットスタジアムで開催された楽天:阪神のオープン戦を観戦に行きました。7:1の大敗でした。今シーズンは、公式戦でも1試合、二軍公式戦でも1試合、阪神の試合が倉敷で開催されます。

 

3月9日・10日、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに参加しました。ぼくは、そのイベントには過去に何度も参加していますが、今までは、40キロや30キロという長いコースに1日だけ参加していましたが、以前から、2日とも参加してみたいと思っていました。でも、長距離を歩いた時は、脚が非常に痛くなるので、2日続けて長距離を歩くのは無謀だと思ったので、1日目は10キロ、2日目は20キロのコースに参加しました。どちらも、完歩できました。短距離だったので、脚が痛くなることもなく、翌日の仕事にも影響はありませんでした。2日目は、市民あるく日でよくお逢いしている80歳の女性と逢い、話をしながら一緒に歩きました。とても楽しかったです。

 

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)は、「まんぷく」が先月いっぱいで終了し、今月から「なつぞら」が放送されています。100作目の朝ドラです。過去にヒロインを演じた女優さんもたくさん出演し、今後も楽しみです。また、先月の終わりには、「ひよっこ2」(「ひよっこ」の続編)が放送されました。「ひよっこ」の登場人物が久々に揃い、懐かしかったです。ゴールデンウイーク中には、「まんぷく」の総集編も放送されるらしいです。

 

4月7日、岡山県議会議員選挙の投票が行われました。ぼくは、いろいろと縁があり、ここ数年は特定の政党を応援しているので、告示以降、宣伝活動にも参加していました。ぼくが応援していた候補者は、無事に当選しました。

 

4月19日、大阪府高槻市のライブハウス「MUSIC SQUARE 1624 TENJIN」で開催された、リリーズのライブを観賞に行きました。今までは、昼の部しか行ったことがありませんでしたが、今回、初めて夜の部に行きました。何故なら、その日のライブは、夜の部しか開催されなかったからです。観賞する時、ぼくは、新元号「令和」の文字が書かれたTシャツを着ていました。ライブの中で、リリーズが新元号の話もしましたが、その時、ぼくは立ち上がり、来ていたTシャツを見せました。リリーズは、びっくりしていました。他のお客さんたちも、「流行の先端を行っている」と言ってくれました。クイズの方は、今回も1問しか正解できず、賞品の獲得はなりませんでした。終演後は、グッズ売り場へ行き、グッズを買い、握手をし、3ショット写真を撮ってもらい、会話をしました。いつもは、それで帰っていましたが、今回は、大阪で宿泊しました。その理由は、次に書きます。

 

4月20日、阪神甲子園球場へ行き、阪神:巨人戦を観戦しました。関西方面で2日続けて用事があったので、前日よりホテルに宿泊していました。いつもは、デーゲームの場合でも、その日の朝に家を出ていて慌ただしかっただけに、今回は楽に行くことができました。しかし、試合の方は、阪神の負けでした。ここ数年、ぼくが行った巨人戦は、非常に相性が悪いです。でも、ジンクスを破らないといけないので、今後も、巨人戦も観戦に行きます。

 

来月開催される大相撲夏場所の新番付が、今朝発表されました。今場所の注目は、新大関の貴景勝関と、大関から陥落した栃ノ心関ですね。また、他の力士たちも、令和時代の優勝第1号になろうと、燃えているでしょう。夏場所は、5月12日から始まります。
 

訃報

ぼくがブログを書きそびれている間にも、多くの著名人が亡くなられました。

兼高かおるさん(ジャーナリスト、90歳)、天地総子さん(歌手、78歳)、市原悦子さん(女優、82歳)、堺屋太一氏(通産官僚、小説家、83歳)、双羽黒関(大相撲・第60代横綱、55歳)、山田スミ子さん(女優、73歳)、佐々木すみ江さん(女優、90歳)、笑福亭松之助さん(落語家、93歳)、花柳幻舟さん(舞踊家、77歳)、森山加代子さん(歌手、78歳)、デストロイヤー氏(プロレスラー、88歳)、内田裕也さん(歌手、79歳)、織本順吉さん(俳優、92歳)、萩原健一さん(歌手、俳優、68歳)、近藤昭仁内野手(プロ野球、80歳)、彩豪関(大相撲・元十両、43歳)、ケーシー高峰さん(漫談家、85歳)、モンキー・パンチさん(漫画家、81歳)、有馬三恵子さん(作詞家、83歳)、小出義雄監督(マラソン、80歳)、黒姫山関(大相撲・元関脇、70歳) 等。(既に当ブログで紹介している方は、省略しています。)

亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りします。

 

あと10時間で、平成の時代は終わります。みなさん、平成の時代はいかがでしたか?ぼくは、とても充実していたと思います。確かに、交通事故に遭ったり、失業したり、父が他界するなど、良くないこともありましたが、良かったことの方が圧倒的に多かったです。甲子園に観戦に行くようになったのも、下津井電鉄の廃線跡地を歩くようになったのも、ケーキ作りを始めたのも、ホームページを開設したのも、平成でした。ホームページを開設したお蔭で、たくさんの友達ができ、実際にお逢いした人も居ました。近年は、コンサートやライブによく足を運び、歌手と接する機会も多く、楽しい思いをさせていただきました。平成は、良い想い出でいっぱいの時代でした。もちろん、平成時代だけの想い出で終わるのではなく、令和になっても、それを継続できれば何よりです。

 

平成最終日の今日は、朝から忙しくしています。大相撲の新番付の発表に伴い、当ホームページの「相撲のページ」に新番付をアップし、行司、呼出、若者頭・世話人の一覧表も更新しました。そして、サボりがちだったブログに、久々に長文を書き込みました。このあとも、母を病院に連れていくなど、まだ用事が残っています。平成の間に、作家の書斎のように散らかっているぼくの部屋を片付けたかったのですが、どうやら、そういう時間はなさそうです。部屋の片付けは、令和になってから少しずつやろうと思います。

 

みなさん、令和時代も、当ホームページをよろしくお願いします。

| いろいろ | 14:00 | trackbacks(0) |
予定どおり

予定どおり、リリーズのライブと、阪神:巨人戦に行ってきました。

今、帰りの電車の中です。

詳しいことは、改めて書きます。

| スポーツ&芸能 | 16:52 | trackbacks(0) |
遅延のお詫び

本日(19日・金曜日)から明日(20日・土曜日)にかけて外出しますので、ホームページの更新が遅れます。

最近、多忙なため、ブログに書きたいことがあっても、書きそびれています。

大相撲とプロ野球の結果だけは、極力更新するようにしていましたが、本日〜明日は外出するので、それさえもできません。

悪しからず、ご了承ください。

 

ちなみに、本日(19日・金曜日)は、大阪府高槻市でリリーズのライブを観賞します。

明日(20日・土曜日)は、阪神甲子園球場で阪神:巨人戦を観戦します。

| ホームページ情報 | 10:14 | trackbacks(0) |
新元号、発表

令和   れいわ

| その他 | 11:41 | trackbacks(0) |
大相撲春場所、閉幕

みなさん、ご無沙汰していました。前回の投稿以来、1ヵ月以上経っていますね。その間、大相撲の新番付が発表され、春場所が開幕し、場所中もいろいろな出来事があり、ブログに書きたいことがたくさんありましたが、なかなか書くことができませんでした。パソコンに向かう時間が無かった訳ではなかったのですが、ブログに投稿しようとすると眠気に襲われ、投稿の途中で眠ってしまい、目が覚めた時は、本当に寝なければならない時間になっているということも多く、書きそびれていました。大相撲の話題以外にも、プロ野球のチケットが取れたことや、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに参加したこと、オープン戦を観戦に行ったことなど、たくさん書きそびれていました。今回は、とりあえず、大相撲春場所の総評を書きます。

 

大相撲春場所は、本日閉幕しました。
先場所休場した白鵬関が、復活優勝を飾りました。しかも、15戦全勝でした。怪我が無ければ、まだまだ白鵬関が第一人者のようです。優勝を争った逸ノ城関も、1勝差を保ち続け、千秋楽結びの一番まで楽しみが残りました。でも、ひとつ納得が行かなかったのは、その逸ノ城関が横綱と対戦しなかったことです。割を崩してでも、横綱と対戦させるべきでした。横綱同士、大関同士、横綱:大関の取組を、終盤にまとめて組ませるのではなく、均等に組ませれば、下位での好成績者を終盤に横綱や大関と組ませることができたのです。もっとよく考えて、取組編成をしてもらいたかったです。

 

大関を狙う貴景勝関は、千秋楽に勝って10勝目を挙げ、大関昇進を確実としました。でも、ぼくは、今一賛成ではありません。「大関昇進直前の場所は、最低でも11勝」というのが、ぼくの考えです。3場所の合計が34勝ですし、本日の相撲内容は良かったですが、負けた相撲の内容は良くなかったので、もう1場所様子を見てもいいと思いました。

 

角番大関の栃ノ心関は、本日敗れて負け越しとなり、来場所は関脇に陥落します。大関昇進前の強さはどこへやら、最近は怪我も多く、実力を発揮できていません。来場所、10勝以上で大関に復帰できますが、ここ数場所の栃ノ心関を見ていると、10勝もできそうな感じはしませんね。

 

元大関・照ノ富士関は、膝の怪我でしばらく休場していましたが、序二段に陥落した今場所、久々に出場しました。膝の具合はまだまだ良くないようでしたが、やはり元大関だけに、序二段力士では相手にならず、7戦全勝でした。序二段にはもう1人全勝の力士が居ました。同じモンゴル出身で、高校の後輩である狼雅君と優勝決定戦を行いましたが、なんと、元大関が、入門して4場所目の力士に完敗しました。確かに、狼雅君も実力のある有望力士のようですが、まさか、元大関が序二段力士に完敗するとは思いませんでした。やはり、照ノ富士関の膝の具合は良くないのですね。大関に居た時からしばらく休み、治療に専念しておくべきでしたね。来場所は、2人とも三段目に上がりますが、また優勝を争うのでしょうか?

 

三賞は、殊勲賞=逸ノ城関、敢闘賞=碧山関、技能賞=貴景勝関と決定しました。殊勲賞は、本来は横綱・大関・優勝力士を倒した力士が該当しますが、今場所は、優勝に準ずる成績を残した逸ノ城関が受賞しました。ぼくは、逸ノ城関が決定戦に進出し、決定戦で白鵬関に勝った場合に殊勲賞を与えてほしいと思いました。決定戦に進出できなかった場合は、敢闘賞の方が妥当かと思いました。こういう点から考えても、やはり、逸ノ城関は横綱と組ませるべきでした。碧山関の敢闘賞と貴景勝関の技能賞は、妥当な選考だと思います。

 

14日目、元幕内の天鎧鵬関が、引退を表明しました。天鎧鵬関は大学出ですが、幕下付出の資格が得られず、前相撲から初土俵を踏みました。わずか4場所で幕下まで進みましたが、幕下には4年間在位して十両に昇進しました。でも、比較的早い出世での十両入りだと思います。幕内には7場所在位しましたが、約3年前に幕下に陥落し、今場所は勝ち越したものの、引退することとなりました。今後は、年寄「秀ノ山」を襲名し、更新の指導に当たりますが、「秀ノ山」の名跡は琴奨菊関が所有しているはずなので、借株と考えられます。

 

13日目の宝富士:輝戦で「引っ掛け」という決まり手が出ました。本当は、その相撲以外にも「引っ掛け」という決まり手は出ていたのですが、最近は、「引っ掛け」であっても「取ったり」と発表されることが多く、決まり手の発表の不正確さを感じていました。13日目のその相撲でも、「また『取ったり』と発表するのか?」と心配していましたが、久し振りに正しい決まり手が発表されました。
14日目の翔猿:蒼国来戦の決まり手は「蹴たぐり」と発表され、アナウンサーは「立ち合い一瞬の技ではないので、『蹴返し』の方が妥当ではないか」としきりに言っていましたが、ぼくは、発表どおりの「蹴たぐり」が妥当だったと思います。立ち合い一瞬でないからと言って「蹴返し」と決めつけなかったのは、正しい判断でした。

 

「相撲のページ」の「春場所、番付」を「春場所、結果」に差し替えています。また、「年寄一覧表」「相撲部屋一覧表」も更新しています。

 

春場所の番付発表や、開幕のこと等をこちらに書きそびれてしまったので、総評だけは遅れずに書こうと思い、頑張って書きました。

| スポーツ | 19:50 | trackbacks(0) |
訃報

元幕内・時津洋関が、今月14日、心不全のため亡くなられました。

49歳の若さでした。

 

キングトーンズのリーダー・内田正人氏が、今月15日、病気のため亡くなられました。

82歳でした。

 

謹んで、ご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 21:11 | trackbacks(0) |