RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
七月場所、総評

両国國技館で開催された異例の七月場所は、無事に15日間、休むことなく開催できました。

 

その異例の場所で優勝したのは、照ノ富士関でした。みなさんもご存知のとおり、照ノ富士関は元大関で、一時は横綱の一歩手前まで行っていましたが、膝の怪我等で休場が続き、序二段まで番付が下がっていました。今までの元大関は、遅くとも十両陥落が決まったあたりで引退してしまいましたが、照ノ富士関は、諦めずに頑張り、幕内まで復帰し、再び賜盃を手にすることができました。次は、大関復帰が期待されるでしょう。七月場所の強さだと、大関復帰も夢ではないと感じました。但し、照ノ富士関の膝は、決して完治しているわけではありません。これからは、上位陣との取組も多く組まれます。膝の怪我を悪化させないか、それが心配です。

 

三賞は、殊勲賞=御嶽海関・大栄翔関・照ノ富士関、敢闘賞=正代関、技能賞=照ノ富士関と決定しました。殊勲賞の御嶽海関・大栄翔関、敢闘賞の正代関、技能賞の照ノ富士関は妥当なせんこうだと思います。照ノ富士関の殊勲賞も、絶対反対というわけではないのですが、殊勲賞は他に2人も該当者が居るのに、元大関にまで与えることもないように思いました。もし、照ノ富士関に賞をもうひとつ与えるなら、序二段から這い上がってきた努力を認め、敢闘賞を与えた方がいいように思いました。それから、技能賞は、もう一人、妙義龍関も該当していました。妙義龍関は、千秋楽で勝てば11勝となっていたので、「千秋楽で勝てば受賞」という条件付きにしてもよかったと思います。

 

外出自粛の方針を破り、“夜の店”に出入りしていた阿炎関は、7日目から強制休場となり、場所後、自ら提出した引退届は受理されず、3場所出場停止の処分を受けました。処分は厳しすぎるような気もしますが、今は状況が状況だけに、あえて厳しい処分にしたのでしょう。二度と、同じ過ちを繰り返さないことを願います。

飲食店で泥酔した田子ノ浦親方の処分は、「譴責」という軽い処分でした。「“夜の店”ではない」「実際は、それほど飲んでいない」などが、軽い処分となった理由のようですが、やはり、親方(特に、部屋の師匠)は、力士たちの手本にならなければならない人なので、もう少し重い処分にしてもいいような気がしました。

 

元幕内・蔵玉錦関の安達敏正氏が、昨日、多発性骨髄腫のため亡くなられました。67歳でした。蔵玉錦関は、十両昇進後も本名を四股名にしていましたが、昭和53年一月場所に再入幕し、その場所から「蔵玉錦」(ざおうにしき)と改名しました。故郷の蔵王山に因んだ四股名ですが、字画数の関係で、「王」ではなく「玉」の字を使いました。1981年の一月場所に、大関・貴ノ花関を倒し、その翌日に貴ノ花関が引退したため、貴ノ花関の最後の対戦相手となりました。当時、大相撲の雑誌に「忘れられない相撲になるでしょう」とコメントしており、貴ノ花関の最後の対戦相手となったことを誇りに思っていると考えられます。その年は、九月場所に横綱・北の湖関を倒しており、その頃が全盛期だったのでしょう。引退後は、長いこと借株で年寄として残っていましたが、定年の数年前に「武隈」の名跡を正式に取得し、定年後もしばらくは再雇用(参与)という形で残っていましたが、昨年9月に退職していました。蔵玉錦関のご冥福をお祈りします。

 

次の九月場所は、本来の開催地(両国國技館)で開催されるので、俗称の「秋場所」も多く使われるでしょう。十一月場所は、本来の開催地(福岡国際センター)ではなく、両国國技館で開催されることが決まっているので、正式名称の「十一月場所」が使われるでしょう。コロナの方も、未だ終息の目処が立っておらず、今後も開催地の変更が無いとは言えないので、当面、当ホームページでは、正式名称の方をメイン表記とします。

| スポーツ | 15:51 | - |
弘田三枝子さん、急逝

当ホームページの「好きな歌手、紹介」でも紹介している、歌手の弘田三枝子さんが、今月21日、心不全のため亡くなられました。

73歳でした。

弘田三枝子さんの全盛期は、ぼくが生まれる前〜幼少期でしたが、ぼくがファンになったのは、1980年代の後半頃(ぼくが20歳を過ぎた頃)からでした。

その頃から、1950年代〜60年代に外国でヒットしたポップスに興味を持つようになり、それらのポップスを日本語で歌って数々のヒットを飛ばした弘田三枝子さんのファンになりました。

一時は、弘田三枝子さんの後援会にも入会し、1999年5月には、後援会が主催したカラオケ大会にも参加し、弘田三枝子さん本人にもお逢いしました。

ぼくの問いかけにも優しく答えてくれたし、ぼくの赤ちゃんの頃の写真等も見てくれたし、ぼくが母に電話をかけ、「三枝子さん、母と話してください」とお願いすると、快く応じてくれました。

その日の出逢いが、最初で最後の出逢いとなってしまいました。

その日に撮影した写真、いただいたサイン等は、貴重な宝物です。

近年、ぼくが高く評価した歌手が次々と亡くなって行き、本当に寂しい限りです。

弘田三枝子さんのご冥福をお祈りいたします。

| 芸能 | 15:28 | - |
多忙

現在、何かとバタバタしております。

ホームページの更新はなんとかできているものの、ブログにはなかなか書き込めず、掲示板に投稿してくださった方にもなかなかレスが書けず、ごめんなさい。

今週の月曜日、母が玄関先で転倒し、右脚の股関節を骨折し、昨日、手術を受けました。

昨日は、仕事がダブルヘッダーであり、尚且つ、仕事の合間に母の手術に立ち会っていました。

母は、手術は無事に終わりましたが、しばらくは入院です。

 

掲示板に投稿してくださった方、申し訳ありませんが、レスの方はもう少しお待ちください。

| いろいろ | 19:17 | - |
プロ野球&大相撲&訃報

開幕が延期になっていたプロ野球は、明日、ついに開幕の日を迎えます。

当初の予定より3ヵ月遅れです。

プロ野球ファンにとって、その3ヵ月間はとても長かったです。

15日(月曜日)に全日程が発表されたので、その日のうちに当ホームページにもアップしました。

倉敷マスカットスタジアムでの試合が無いのは残念ですが、今シーズンは仕方ないですね。

また来シーズンに期待です。

本日中に、開幕一軍登録メンバーが発表されると思うので、当ホームページでもアップする予定です。

 

大相撲は、まだ開幕は1ヵ月くらい先ですが、番付発表は改めて行われず、五月場所の番付として発表されたものをそのまま七月場所で使用し、番付表の書き直しや発行も行わないとのことです。

ぼくは、五月場所に発表された番付を七月場所の番付として使うことには異論はないですが、番付表には「五月二十四日より十五日間」と書かれているし、年寄の中には、改名した人や、4月の番付発表前に現役を引退して年寄になった人も居るので、作成・印刷をし直して再発行するべきだと思いました。

 

訃報です。

作曲・編曲家の服部克久先生が、今月11日に心不全のため亡くなられました。

83歳でした。

谷村新司さんの名曲「昴」の編曲も担当していましたが、ぼくは、その「昴」を初めて聴いた時、イントロの部分を聴いただけで「本当に『昴』という感じがする。素晴らしいアレンジだ」と感じました。

また、ぼくが毎週見て順位を記録していた「ザ・ベストテン」のテーマソングの作曲・編曲者としても有名でした。

服部克久先生のご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 14:04 | - |
何もかも、中止や延期

大相撲が行われないと、本当に寂しいです。

テレビで大相撲の本場所が見られるのは、約2ヵ月後ですね。

プロ野球の方は、なんとか開幕日が決まりましたが、当面は無観客での開催となるので、球場へ観戦に行けるのは、まだまだ先です。

これまた、寂しいです。

3月に倉敷市で開催予定だった「瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」が中止になったことは、以前こちらで話しましたが、毎月倉敷市で開催されている「市民あるく日」も、既に7月まで中止が決まっています。

8月は元から予定がないので、今度「市民あるく日」が開催されるのは9月です。(あくまで予定ですが)

3月に高島屋岡山店で開催される予定だった「青森県の物産と観光展」も、今年は中止でした。

7月18日に倉敷市で開催される予定だった「倉敷天領夏祭り」も、既に中止が決まっています。

当初は3月2日に開催される予定だった坂本冬美くんのコンサートは、6月17日に延期することが決まっていましたが、更に延期となり、12月7日に開催される予定です。

6月25日に島根県出雲市で開催される予定だった「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」も、既に延期が決まり、代替え日は未定です。

 

ここまで打ち込んで、居眠りしていました。

明日も新聞配達があるので、今日はこれくらいにして、風呂に入ります。

 

現在、新しい掲示板を準備中です。

近々、オープンできそうです。

| いろいろ | 20:28 | - |
相次ぐ訃報

みなさん、またまたご無沙汰していました。

 

3月末に、志村けんさんの訃報を書きましたが、その志村けんさんが亡くなられた前日に、元十両の鶴嶺山関が亡くなられていました。60歳でした。鶴嶺山関は、元関脇・鶴ヶ嶺関(先々代・井筒親方)の長男で、入門したころから注目されていましたが、幕下までは順調に進んだものの、幕下上位で足踏みし、その間に、あとから入門した弟(後の逆鉾関)に抜かれ、新十両は同時でしたが、すぐに幕下に転落し、その後十両に復帰に復帰しましたが、再度幕下に転落し、末弟(寺尾関、現・錣山親方)にも抜かれました。その後は度重なる怪我で休場が多く、序二段まで陥落しました。四股名を「鶴ノ富士」に改名し、一時は幕下上位まで番付を戻しましたが、十両復帰は果たせず、廃業しました。廃業後は、ちゃんこ料理店を経営し、亡くなる前日まで店に出ていたとのことです。半年前に弟の元・逆鉾関(先代・井筒親方)が亡くなったばかりなのに、後を追うように鶴嶺山関も亡くなってしまい、本当に驚きました。

 

4月20日、元ブルー・コメッツのリーダーのジャッキー・吉川氏(ドラム担当)が、自宅で亡くなられているところを発見されました。81歳でした。ぼくは、昭和40年代前半に流行ったグループサウンズに興味があり、ブルー・コメッツの歌でも好きな歌が数曲あります。近年は、ぼくがよく見に行く「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」に、同バンドのメンバーの三原綱木氏(ギター担当)も参加しており、いつか、ジャッキー氏にもその歌合戦に参加してもらいたいと思っていました。

 

5月1日、阪神で活躍したマット・キーオ投手が亡くなられました。64歳でした。キーオ投手は、阪神が低迷していた時期に入団しましたが、入団1年目の開幕投手を務め、3年連続で10勝以上を挙げ、特に3年目の1989年には15勝を挙げる大活躍でした。翌年のオフに解雇されましたが、今でも、阪神ファンの間では忘れることのできない助っ人です。

 

5月13日、眦沈酩屋の勝武士君が、新型コロナウイルス感染症による多臓器不全のため亡くなられました。28歳の若さでした。勝武士君は、巡業などで行われる初っ切りを演じていたため、知名度は高く、人気者でした。感染直後、なかなか受け入れてもらえる病院が見つからず、その後、見つかったものの、状態は良くならず、亡くなってしまい、本当に気の毒です。

 

4月〜5月にかけて、男優の志賀勝氏、志賀廣太郎氏、女優の岡江久美子さん、元プロ野球選手・監督の関根潤三氏、ゴダイゴのギタリスト・浅野孝已氏、プロレスラーの木村花選手なども亡くなられています。

 

亡くなられた方の、ご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 15:58 | - |
大相撲五月場所、中止

コロナウィルスによる緊急事態宣言が今月末まで延長になったことにより、大相撲五月場所が中止されることが決定しました。

そして、次の七月場所も、本来の会場の名古屋ではなく、東京で開催されることが決定しました。

その七月場所は、本来どおり「名古屋場所」と呼ばれるのでしょうか?

名古屋では開催されないので、別の俗称で呼ばれるのでしょうか?

それとも、俗称では呼ばず、「七月場所」と正式名称で呼ばれるのでしょうか?

本日、当ホームページの「相撲のページ」の「本場所日程表」も更新しました。

当ホームページでは、今までは「五月場所」「七月場所」などの正式名称よりも、「夏場所」「名古屋場所」などの俗称をメイン表記してきましたが、本日更新した「本場所日程表」には、正式名称と俗称を併記しました。

そして、本年の七月場所の所には、俗称は表記せず、正式名称の「七月場所」のみ表記しています。

今後は、当ホームページでも、正式名称をメイン表記するか、正式名称と俗称を併記することも検討します。

 

こういう状況なので、中止の可能性は高いと思っていましたが、やはり寂しいです。

 

| スポーツ | 19:45 | - |
大相撲

みなさん、大変長らくご無沙汰しておりました。

大相撲春場所の総評を書きそびれているうちに、夏場所の新番付が発表されました。

 

春場所は、やはり白鵬関の優勝でした。

近年は怪我で休場することも多くなった白鵬関ですが、怪我が無く皆勤した場合は、さすがに強いです。

まだまだ、第一人者の座を譲りそうにないですね。

三賞は、妥当な選考だったと思います。

朝乃山関につきましては、先月も書きましたように、もう1場所様子を見てもよかったような気がします。

朝乃山関の昇進により、大関が2人となったため、新番付では「横綱大関」という表記はされていません。

春場所で負け越した大関・貴景勝関は、夏場所では角番となります。

元大関で、一時は序二段まで下がっていた照ノ富士関は、久々に幕内に返り咲きました。

十両で優勝した琴勝峰関は、20歳の若さで新入幕を果たしました。

幕下に陥落していた蒼国来関は、師匠の荒汐親方の定年退職に合わせて引退を表明し、「荒汐」の名跡と部屋を継承しました。

また、豊ノ島関も引退を表明し、年寄「井筒」を襲名し、時津風部屋で後進の指導に当たります。

「相撲のページ」の「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」に両者の名前も記載していますが、井筒親方の方は取得なのか借株なのか、はっきりしていません。

井筒親方は、一度は「錦島」の名跡を取得したこともあるため、今更借株をするとは思えなかったので、とりあえず取得と判断して、「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」に記載しています。(もし借株であった場合は、修正します。)

 

コロナウィルスの影響で、夏場所と名古屋場所の予定を2週間ほどずらしていますが、開催されるかどうかは未定のようです。

先日、眦沈鄂栃と、その部屋の力士たちが感染したため、夏場所の開催は難しそうです。

広報部長の芝田山親方は、開催する方向で考えているようですが、どうなるのでしょうね?

| スポーツ | 15:33 | - |
訃報

ザ・ドリフターズの志村けんさんが、昨夜、コロナウィルスによる肺炎のため亡くなられました。

70歳でした。

ぼくがドリフターズを知った頃は、志村けんさんはまだメンバーではありませんでしたが、昭和49年、脱退した荒井注さんの代わりにドリフターズに加入しました。

たちまち人気者になり、加藤茶さんと人気を二分し、ドリフターズには欠かせない存在になりました。

ぼくは、「8時だヨ!全員集合」はよく見ていましたが、ドリフターズのギャグは本当に面白かったです。

NHKの朝ドラは、本日から「エール」が始まりましたが、志村けんさんは、そのドラマに出演することになっていました。

既に撮影も行われていましたが、放送される前に亡くなられてしまいました。

撮影済みの作品は、放送されるとのことです。

先日、志村けんさんがコロナウィルスに感染しているという情報を聞き、心配していました。

でも、「一時は危険な状態だった」とも聞いたので、「一時は」ということは、現在は少し落ち着いて、快方に向かっているものと思っていました。

それなのに、本日、亡くなられたという情報を聞き、驚きました。

そして、ショックでした。

志村けんさんのご冥福をお祈りします。

そして、コロナウィルスが1日も早く消滅することを祈ります。

 

| 芸能 | 20:09 | - |
やはり、そうか

本日、朝乃山関が11勝目を挙げました。

取組終了後、朝乃山関の大関昇進を審議するための臨時理事会を招集することを決定しました。

イコール、朝乃山関の大関昇進も、事実上決定です。

昇進目安の3場所33勝に足りないだけでなく、今場所は両横綱にも勝てず、白星の中には不戦勝が含まれています。

審判部は、そういうことは考えなかったのでしょうか?

相撲協会は、本当に、日本人力士には甘いですね。

| スポーツ | 19:50 | - |