RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
大相撲&プロ野球

9日から、大相撲秋場所が始まりました。

今場所の注目力士は、大関昇進が懸かる御嶽海関と、久々に出場した稀勢の里関ですね。

7日目まで、どちらも6勝1敗で来ています。

全勝をキープしているのは、鶴竜関、白鵬関、皸卒悄∨名”抻隆悗裡歓佑任后

御嶽海関は、11勝以上で大関昇進は合格だと思いますが、絶対に、千秋楽の前に「千秋楽に負けても昇進」というようなことを軽々しく言わないでもらいたいです。

稀勢の里関は、6勝しているものの、危ない相撲や手こずる相撲が多く、完全復活とは言えませんが、今場所での引退はほぼ無くなったと言ってもいいでしょう。

 

阪神は今日も敗れ、ついに最下位に転落しました。

今シーズンは、中止が多かったため、クライマックスシリーズの前日辺りまで公式戦が行われる可能性もあります。

そうなった場合は、クライマックスシリーズ開幕2日前の順位で、出場チームが決まると聞いています。

3位から最下位までは、ほとんどゲーム差か無いので、今後の展開によっては、最終的に最下位となったチームがクライマックスシリーズに出場し、勝ち抜いて日本一になるということも、絶対に無いわけではありません。

そのようになれは、さすがにクライマックスシリーズのルールを見直すかもしれませんね。

| スポーツ | 18:26 | trackbacks(0) |
負け試合を観戦

昨日(8日・土曜日)、阪神甲子園球場へ観戦に行きました。

天気が悪く、中止の可能性も高かったのですが、天気予報によると、試合が開催される時間帯が曇りになっていたので、出発しました。

その後、天気予報はコロコロ変わり、一時は、15時台に大雨が降るという予報も出ていましたが、うまく外れてくれて、試合中は時々小雨が降った程度でした。

試合は、中断することなく、進められました。

しかし、結果の方は、嬉しい結果ではありませんでした。

先制点は阪神が取りましたが、その後大逆転を許し、最終的には7:2の大敗でした。

今度は、今月22日(土曜日)に広島戦(広島)を観戦に行く予定です。

 

本日は、予定どおり試合が始まりましたが、4回表終了後に大雨が降りだし、試合は中断となり、日程の関係でこれ以上中止にはできなかったため、再開の方向で整備も行われましたが、その甲斐も無く、ノーゲームとなりました。

本日の代替え試合は、予備日の25日に行われると思いますが、これで、予備日が無くなりました。

もし、これ以上中止になった場合は、久々にダブルヘッダーも行われるかもしれません。

野球選手たちのスケジュールは、ますます過密になります。

 

 

| スポーツ | 16:47 | trackbacks(0) |
オリジナルケーキ、第57弾

本日はぼくの誕生日なので、昨日、ケーキを作りました。

「手作りケーキのページ」に解説を載せています。

 

では、これから、53歳になって初の新聞配達に行ってきます。

| 飲食 | 02:35 | trackbacks(0) |
大相撲の新番付

大相撲秋場所の新番付が、今朝発表されました。

横綱と大関は、先場所と変わっていません。

ぼくが新番付で最も注目していたのは、関脇ふたりの序列でした。

最近は、どちらも勝ち越しの場合は、西の方が好成績であっても序列は入れ替えないということもありましたが、今回は、先場所西で13勝だった御嶽海関が東になり、東で8勝だった逸ノ城関が西に回りました。

それが、妥当でしょう。

西の方が東より成績が良かったのに、翌場所もそのままというのは、どう考えてもおかしいです。

過去の失敗を反省し、本来の決め方に戻したのでしょうか?

今後はどのようにするかは分かりませんが、今場所の関脇の序列を見てひと安心しました。

先場所、新大関で途中休場した栃ノ心関は、今場所は角番大関となります。

今場所で勝ち越せば、大関にとどまることができます。

先場所、12勝を挙げて準優勝だった豊山関は、前頭2枚目まで上がりました。

今場所は、横綱・大関陣の全てと対戦するでしょう。

元大関・照ノ富士関は幕下47枚目まで下がりました。

今場所、出場できるのかどうかは分かりませんが、今場所も全休すれば(というより、2勝以下で終わったら)、三段目に陥落してしまいます。

常幸龍関は、14場所振りの十両復帰です。

 

「相撲のページ」の「名古屋場所、結果」を「秋場所、番付」に差し替えています。

また、元・五城楼関の年寄名が、先場所までは「濱風」と表記されていましたが、今場所から「浜風」に変わっているようなので、「年寄一覧表」と「相撲部屋一覧表」も更新しています。

 

大相撲秋場所は、9月9日から始まります。

 

| スポーツ | 20:19 | trackbacks(0) |
いろいろ

みなさん、またまたご無沙汰していました。

最近、ホームページやブログの更新ができなかった時、「忙しかった」と言い訳していますが、決して「仕事が忙しい」とか「1日中、母親の介護をしている」などというわけではありません。

むしろ、仕事は、他の人に比べると随分少ない方だと思います。

更新しようと思い、パソコンの前に座るのですが、早朝の新聞配達の影響で猛烈な睡魔に襲われ、それに耐えられずに居眠りをしてしまうということがよくあるのです。

また、居眠りをしたため、他の用事も残ってしまい、その用事を片づけるためにホームページやブログを更新する時間が無くなるということもあります。

というわけで、当ホームページを楽しみにしてくださっている(当ホームページに載せている情報を宛てにしてくださっている)方々には大変ご迷惑をおかけしております。

新聞配達を続けている限り、こういう状態は続くかもしれませんが、何卒ご了承ください。

 

今月の21日(火曜日)、倉敷マスカットスタジアムで開催された阪神:広島の二軍戦を観戦に行きました。

試合の結果は、6:2で阪神の勝ちでした。

これが、その試合のスターティングラインナップです。

二軍戦のオーダーではないですね。

言わば、“一軍半”というところですね。(一軍での実績がある選手も居ます。)

ぼくのように「若手選手をしっかり使って育てなければ」と言っている人から見れば、一軍で使ってもいいようなオーダーです。

二軍でこのようなオーダーが組めるなんて、阪神は層が厚いです。

改めて言います。

若手の“一軍半”の選手は、一軍で積極的に使ってほしいです。

ちなみに、今年の二軍戦の観戦は、この日の試合のみです。

次回は、9月8日の巨人戦(甲子園)を観戦する予定です。

 

その翌日(22日・水曜日)、岡山市南区で開催されている木下大サーカスを観賞に行きました。

同サーカスの観賞は、約20年振りです。

早めに行ったつもりでしたが、既にたくさんの人が並んでいました。

空中ブランコ、オートバイショー、イマウマやライオンや象のショー、ジャグリング、空中アクロバットなど、数々の演技が見られ、充分楽しめました。

時季が時季だけに、暑さには悩まされましたが、イベントとしては満足できるものでした。

もし、今後も近くで開催されるならば、また行きたいです。

 

ブログを書きそびれている間、またまた訃報がありました。

俳優の津川雅彦さん、菅井きんさん、元南海ホークスの穴吹義雄氏、元小結・板井圭介氏など、多くの方が亡くなられました。

謹んで、ご冥福をお祈りします。

 

明日、大相撲秋場所の新番付が発表されます。

明日は、ダスキンの仕事がありますが、午前中で終わる予定なので、午後から新番付をアップする予定です。

もし、また居眠りしてしまい、明日中にアップできなかった場合は、ご了承ください。

| いろいろ | 16:54 | trackbacks(0) |
勝ち試合を観戦

一昨日(8月4日・土曜日)、大阪ドーム(京セラドーム大阪)へ観戦に行きました。

早く大阪に着いたので、大阪環状線で1周余分に回り、ドームへ行きました。

相変わらずの猛暑で、入り口の前で待つのはきつそうだったので、開門ぎりぎりまで近くのデパートの中に居ました。

16時に開門され、入場しました。

ドームの中は、気温は外よりもだいぶ低いようでしたが、風が全くありませんでした。

観戦中も、ドーム球場特有の暑さに悩まされ、ほとんどの時間、うちわで煽いでいました。

試合の方は、初回に2点を先制しましたが、4回表に6点を取られて逆転され、5回表にも1点を取られ、完敗ムードとなりました。

その時は、「今日は駄目だろう」と諦め半分でした。

ところが、5回裏に2点を、6回裏には3点を取って同点となり、7回裏に1点を取って逆転しました。

まだまだ観戦したい気持ちはやまやまでしたが、その日は、睡眠不足と猛暑のせいか体調がすこぶる悪く、試合終了まで体が持つ自信が無かったので、7回裏の攻撃が終わった時点で帰りました。(次の日の新聞配達は休暇をもらっていたのですが)

帰りの電車の中でも、常にスマートフォンで経過をチェックしていましたが、9回表、1点を返されて同点となり、その裏の阪神は0点で、延長戦に突入しました。

延長11回の表、1点を取られてリードを許し、今度こそは本当に駄目かと思いました。

しかし、その裏、原口選手と糸原選手の連打で同点に追いつき、更には北條選手の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。

その劇的な瞬間を見られなかったのは残念でしたが、もし最後まで観戦していたら、最終電車(新幹線)にも間に合わなかったし、体調もますます悪くなったかもしれないので、早く帰ったのは正解だったかもしれません。

 

一昨日の試合は、もともとは観戦に行く予定ではありませんでしたが、6月中旬にチケットの残数を調べてみたらまだ残っているようだったので、急遽行くことにしました。

それが負け試合になったり、中止になったりせず、ラッキーでした。

次回は、今月21日の二軍戦(広島戦・倉敷マスカットスタジアム)に行く予定です。

 

| スポーツ | 16:36 | trackbacks(0) |
野球観戦

本日は、大阪ドーム(京セラドーム大阪)へ観戦に行きます。

帰宅は夜中になるので、ホームページの更新は遅れます。

予めご了承ください。

| スポーツ | 09:10 | trackbacks(0) |
暑すぎる

こちらに書きたかったことがたくさんありましたが、忙しかったのと、暑すぎて元気がなく、書きそびれていました。

 

今月16日(月曜日)、阪神甲子園球場へ行き、阪神:巨人戦を観戦しました。

応援席は最上段で、球場全体がよく見え、風もよく来たし、日陰になっていて、絶好の場所でした。

しかし、試合の方は、嬉しい結果にはなりませんでした。

先制点は取りましたが、5回に逆転され、8回に追加点を取られ、その裏に2点差まで追い上げましたが、逆転はなりませんでした。

次は、8月4日のヤクルト戦(大阪ドーム)に行く予定です。

 

19日(木曜日)、岡山県立美術館で開催中の「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで」を観賞に行きました。

開催前から話題になっていたので、前売券を買っていました。

名画がずらりと並んでいて、噂どおりの素晴らしい美術展でした。

特設グッズコーナーに行くと、同美術展の公式図録があったので、それを買って帰りました。

今後もこのような展覧会がある時は、また行きたいです。

 

22日(日曜日)、大阪府高槻市の「MUSIC SQUARE 1624 TENJIN」へ行き、リリーズのライブを観賞しました。

リリーズのライブも、同会場にも何度か行ったことがありますが、今年になってからは初めてでした。

久々でしたが、ふたりともぼくのことを覚えていてくれました。

途中のトークで、先日の水害のことにも触れ、倉敷から来たぼくにも、ステージの上から「大丈夫でしたか?」と声をかけてくれたので、「ぼくの家は、特に被害の大きかった真備町からは離れているので、大丈夫だった」と話すと、安心したような表情で「良かったですね」と言ってくれました。

クイズコーナーもありましたが、ぼくは、3問中1問しか正解できず、賞品獲得はなりませんでした。

終演後、グッズ売り場でも会話をし、まだ買っていないCDも売られていたので、そのCDを買いました。

グッズの購入者への特典である3ショット写真も撮らせてもらいました。

猛暑でうんざりしている中、心が癒される、楽しいひと時でした。

 

同じく22日(日曜日)、大相撲名古屋場所が閉幕しました。

今場所は、横綱・稀勢の里関が初日から休場し、白鵬関と鶴竜関、更には新大関・栃ノ心関も途中休場し、寂しい場所でした。

その異常事態の中、若手力士が多く活躍し、御嶽海関が初優勝に輝きました。

御嶽海関は、来場所は大関挑戦の場所となります。

「11勝で合格」とよく言われているようですが、先場所が1桁勝利だったので、ぼくは、12勝以上は挙げてもらいたいと思います。

三賞は、殊勲賞=御嶽海関、敢闘賞=豊山関・朝乃山関、技能賞=御嶽海関と決定しました。

選ばれた力士の名前を見ると、全て該当する力士ではありますが、少し言わせてもらいます。

殊勲賞は、御嶽海関よりも、豊山関に与えるべきでした。

豊山関は大関戦初勝利に加え、優勝の御嶽海関にも勝っているので、殊勲賞に該当すると思います。

御嶽海関は、千秋楽に負けているので、2つも与えることもなかったと思います。(技能賞の受賞は妥当です。)

敢闘賞の朝乃山関については異論はありませんが、もうひとり、朝乃山関同様に11勝を挙げている北勝富士関にも敢闘賞を与えてもよいと思います。

毎場所のように言っていますが、三賞は、千秋楽の全取組が終了してから選考すべきです。

「相撲のページ」の「名古屋場所、番付」を「名古屋場所、結果」に差し替えています。

 

訃報です。

今月13日に演出家の浅利慶太氏(85歳)が、14日には元プロレスラーのマサ斎藤氏(75歳)が、15日には女優の生田悦子さん(71歳)が、18日には俳優の常田富士男さん(81歳)が亡くなられました。

謹んで、ご冥福をお祈りします。

 

本日、当ホームページのアクセスカウンターが90,000を突破しました。

いつもアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

来年は、開設20周年という節目の年です。

来年のうちに、アクセス100,000達成は無理でしょうが、約3年後には達成できそうですね。

みなさん、これからもよろしくお願いします。

 

暑い日が続いていますが、みなさん、体を壊さぬよう、お元気でお過ごしください。

| いろいろ | 19:45 | trackbacks(0) |
夏川りみコンサート

昨晩、倉敷市民会館で、夏川りみくんのコンサートが開催されました。

今回も、早くから前売り券を購入していました。

座席は、前から6列目の中央に近い位置だったので、よく見えました。

内容は、昨年見たコンサートと大幅に変わるということはありませんでしたが、倉敷でりみくんのコンサートが見られるということに感激があり、いつまでも変わらない美声と歌唱力には、「来て良かった」と実感する人も多いでしょう。

今回は、先日の水害についてのお見舞いの挨拶もしてくれました。

「大変な時なので、コンサートを自粛することも考えたけど、『 こんな時だからこそ、コンサートを開催し、被災者に夢と希望を与えてほしい 』と言われ、予定どおり開催することにした」という話もしていました。

本当に、その通りだと思います。

その言葉を聞き、「やはり、先日のプロ野球(広島:阪神戦)も、被災者のためにもやるべきだった」と思いました。

CDを購入した人には握手券が配られ、終演後に握手会が開催されました。

倉敷市内で彼女のコンサートが開催されるのは、昨年から3度目なので、「毎年倉敷でコンサートをしてくれて、ありがとう」「昨年開催された時も、2度とも観賞し、握手させてもらった」「是非、また倉敷に来てほしい」などと言葉をかけると、とても嬉しそうにしてくれました。

握手会という企画は、とてもいい企画だと思います。

他の歌手の人たちも、是非見習ってもらいたいです。

 

今月は、阪神:巨人戦(16日・甲子園)の観戦と、リリーズのライブ観賞(22日・大阪)にも行く予定です。

 

| 芸能 | 10:32 | trackbacks(0) |
いろいろ

みなさんもご存知とは思いますが、先日からの記録的な豪雨のため、各地で大変なことになっています。

我が倉敷市でも、特に真備町が大きな被害を受けています。

ぼくが住んでいる所は、真備町から離れた所なので、特に被害は無く、避難の必要もありません。

テレビで真備町の映像を見て、びっくりと言うより、信じられませんでした。

同じ倉敷市内なので、どうしてこんなに違うのだろうと思いました。

今朝、知人から「支援物資を集めている」と連絡があったので、タンスの中を見てみると、最近着なくなってタンスの中に眠っていた服が結構あったので、それらを持って行きました。

大雨洪水警報はまだ解除になっていないようですが、本日は午後から陽も照ってきて、雨の方は一段落したと言えるでしょう。

あとは、被災地の一日も早い復興を祈りたいです。

 

その豪雨の影響により、明日から広島で行われる予定だった広島:阪神の3連戦が、全て中止されることとなりました。

中止の理由は、「このような甚大な被害により、多数の犠牲者が出ている中で試合を行っていいものか十分に検討した結果、中止する決断をした」とのことです。

確かに、広島側の言っていることも一理あるとは思いますが、このような大変な時こそ、選手たちが試合で頑張っている姿が、被災地の人たちに勇気と希望を与えるという見方もあると思います。

まあ、いろいろと考えて決めたことなので、あえて反対しようとは思いませんが。

 

本日より、大相撲名古屋場所が始まりました。

横綱の鶴竜関と白鵬関、新大関の栃ノ心関は白星スタートでした。

角番大関の2人は、皸卒悗肋,舛泙靴燭、豪栄道関は敗れていました。

大相撲といえば、今年の10月に岡山県総社市で巡業が行われる予定です。

当初は、ぼくも行くつもりでいましたが、諸事情により、今年は断念することにしました。

昨日からチケットが発売されましたが、購入していません。

 

最後に、訃報です。

落語家の桂歌丸師匠が、今月2日、慢性閉塞性肺疾患のため亡くなられました。

81歳でした。

歌丸師匠は、落語界の第一人者で、人気番組「笑点」では番組開始時からのレギュラーで、晩年は司会も務め、まさに“笑点の顔”でした。

2016年5月に司会を退いてからは、入退院を繰り返していましたが、それでも落語を愛し、酸素吸入をしながら高座に上がり続けていました。

今年の4月19日の高座が、最後の高座となりました。

ぼくも「笑点」を毎週見ているだけに、残念でたまりません。

歌丸師匠のご冥福をお祈りします。

| いろいろ | 20:38 | trackbacks(0) |