RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
訃報

歌手の西城秀樹さんが、昨夜、急性心不全のため亡くなられました。

63歳でした。

西城秀樹さんと言えば、芸能界を代表するアイドル歌手でしたが、特に「ザ・ベストテン」での活躍が思い出されます。

当ホームページの「ザ・ベストテンのページ」にも、彼の名前は多く記載されています。

特に、1979年には「YOUNG MAN(T・M・C・A)」が大ヒットし、9週連続1位、満点(9999点)を獲得するなど、大活躍でした。

ぼくは、彼のファンではなかったのですが、好きな歌は多く、「YOUNG MAN(T・M・C・A)」「ホップ・ステップ・ジャンプ」「愛の園」「聖・少女」「一万光年の愛」は、シングルレコードを持っています。

2003年と2011年には脳梗塞で倒れましたが、その後も芸能活動を続け、ぼくもよく観賞に行っている同窓会コンサートでは、中心的な人物でした。

同窓会コンサートでは、いつも人の手を借りてステージの中央に行き、万一に備えて常に椅子が用意されており、体調がよくないことははっきり分かったので、心配していました。

ぼくが最後に同窓会コンサートに行ったのは、昨年の3月8日でした。

同窓会コンサートは、今年になってからも開催されていますが、開催地や日時が悪く、観賞に行けていません。

現在、同窓会コンサートは一段落しているようですが、「いつから再開するのだろう」「再開されたら、また見に行きたい」と常に気に掛けていました。

西城秀樹さんが居なくなった今、同窓会コンサートは再開されるのでしょうか?

いや、絶対に再開すべきでしょう。

中心人物が居なくなったからと言って打ち切るようなことをしたら、西城秀樹さんが天国で悲しむに決まっています。

今までどおり同窓会コンサートを続けていくことが、一番の供養になるでしょう。

同窓会コンサートは、オリンピックが開催される2020年までということになっているようですが、西城秀樹さんのためにも、永久的に続けてもらいたいものです。

西城秀樹さんのご冥福をお祈りします。

| 芸能 | 21:39 | trackbacks(0) |
野球観戦、3日でよかった

一昨日(5月3日)、阪神甲子園球場へ観戦に行きました。

週間天気予報では、一時はその日も「雨」と報道され、前日も雨が降りましたが、うまいこと週間予報が変わり、3日は試合には影響のない天気となりました。

その試合は、1回に早速先制点を取られ、不安なスタートとなりましたが、5回に2点を取って逆転し、7回にも更に2点を追加し、9回に1点を取られたものの、逃げ切ることができました。

試合終了後のヒーローインタビューは、打のヒーローの上本選手と、先発のメッセンジャー投手が受けましたが、ぼくは、上本選手ひとりにするべきだと思いました。

本来なら、メッセンジャー投手がインタビューを受けてもいいような内容でしたが、その試合に限っては、上本選手が3安打(全打席で出塁)で、尚且つ阪神の4点は全て上本選手の打点だったので、メッセンジャー選手の活躍よりも数段上だと思います。

 

ところで、「阪神タイガースのページ」の「ゆうじ監督の阪神打線構想」で、上本選手をスタメンに入れていませんが、決して、駄目なので入れていないというわけではありません。

今の阪神には、若手の有望選手が多いので、彼らを一流選手に育てるためには、やはり試合に出さなければ駄目だと思い、若手選手を多く入れています。

上本選手もまだ中堅あたりなので、スタメンで使いたいとも思うのですが、彼は既に一流選手になっており、いざという時でもすぐに使える目処が立っているので、あえて経験不足の選手を中心にオーダーを作りました。

ちなみに、捕手には坂本選手を入れていますが、梅野選手も有望であるので、本当は両者とも使いたいですが、やはり捕手にとって最も重要なのは投手リードなので、リードの良い坂本選手を入れています。

原口選手は、本当は一塁に入れたいですが、一塁にはロサリオ選手が居るので、外野に入れています。

あと、梅野選手も打撃を活かすため外野に入れたいのですが、現在一軍に登録されている捕手を3人ともスタメンに入れてしまっては、怪我人が出た時などに困るので、スタメンに入れていません。

 

野球観戦の話に戻りますが、ぼくは、5月3日を選んでよかったです。

その前後の日を見ると、前日(2日)は雨で中止になったし、翌日(4日)は5:1の大差で敗れています。

勝ち試合を観戦に行けて、本当によかったです。

次回は、今月の22日に、倉敷マスカットスタジアムで行われるヤクルト戦を観戦に行く予定です。

 

本日はテレビで観戦しますが、午後から出掛ける予定があるため、途中からしか見られません。

「2018年公式戦、結果&日程」「一軍登録選手一覧表」の更新も遅れますが、予めご了承ください。

| スポーツ | 09:14 | trackbacks(0) |
訃報

広島東洋カープの元内野手・衣笠祥雄氏が、昨日、大腸癌のため亡くなられました。

71歳でした。

現役時代、504本のホームランを打ち、打点王や盗塁王のタイトルを獲得するなど、数々の実績を残しましたが、最も特記しなければならないのは、連続試合出場です。

2215試合の連続出場は、当時の世界記録でした。

その功績により、国民栄誉賞を受賞し、現役時代の背番号「3」は永久欠番に認定されています。

衣笠選手のような選手は、二度と出現しないでしょう。

ご冥福をお祈りします。

 

| スポーツ | 21:20 | trackbacks(0) |
勝ち試合を観戦

本日、京セラドーム大阪へ観戦に行きました。

3:1で、阪神が勝ちました。
当初は、昨日(6日)のチケットを狙っていました。

6日の試合だったら、入場者全員にいい帽子(一般市販されていないもの)がもらえたからです。

ところが、6日のチケットはすぐに完売になり、仕方なく7日のチケットを買いました。

いい帽子がもらえなかったのは残念でしたが、勝ち試合が見られたので、6日のチケットが取れなくてよかったということですね。

次回は、5月3日のDeNA戦(甲子園)に行く予定です。

| スポーツ | 21:30 | trackbacks(0) |
プロ野球、大相撲、朝ドラ

3月30日、プロ野球公式戦が開幕しました。

阪神の開幕3連戦は、東京ドームで巨人せんでした。

開幕戦で勝ち、幸先の良いスタートでしたが、2戦目と3戦目は、先制点を取ったのに逆転され、1勝2敗でした。

若手よりもベテランを優先的に起用するなど、以前から再三指摘している問題点もなかなか改善されず、残念です。

昨年、チームのホームラン王だった中谷選手は、今年は4番を打たせてもよいと思っていましたが、一軍登録すらされていません。

捕手は、若手の梅野捕手を起用していますが、打撃では充分通用するものの、肝心の投手リードはまだまだのようです。

阪神は、今日も試合は無く、明日からDeNAと2連戦です。

その次は、中日と3連戦ですが、その2戦目(7日・土曜日)に観戦に行く予定です。

 

大相撲の元大関・雅山関の二子山親方が、独立して二子山部屋を創設しました。

よく、「14年振り再興」という書き方をしているようですが、14年前まで存在していた二子山部屋とは繋がりは無いので、「14年振り再興」という言い方は不適切です。

これで、相撲部屋の数は47部屋となりました。

「相撲のページ」の「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」を更新しています。

 

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)は、先週いっぱいで「わろてんか」が終わり、今週から「半分、青い。」が始まりました。

「半分、青い。」は、本日が第2話でしたが、ヒロインが誕生しました。

いつものことですが、登場人物の名前(ヒロインとの関係)と顔が一致するまで、しばらくかかるでしょう。

今月21日に、NHKのBSプレミアムで、前作「わろてんか」のスピンオフ(番外編)が放送されるらしいです。

| いろいろ | 20:15 | trackbacks(0) |
いろいろ

書きたいことはたくさんあったのに、何かとバタバタしており、なかなか投稿できませんでした。

書きそびれていたことが溜まっているので、簡単に、まとめ投稿します。

 

3月10日(土)

阪神甲子園球場で開催されたオープン戦(星野監督の追悼試合)を観戦に行きました。

試合前、献花台に花を供えに行きました。

記念に写真を1枚撮ろうと思い、カメラを出すと、係員が「ここは撮影禁止です」と言いました。

写真を撮ったからと言って、減るものではないのに、何故撮影禁止なのか、不可解でした。

試合の方は、残念ながら引き分けでした。

 

3月11日(日)

この時期の恒例行事「瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」に参加しました。

今回参加したコースは、瀬戸大橋・鷲羽山コース(30キロ)でした。

今まで、40キロのコースを何度も完歩しているのに、今回は、30キロを歩き切らないうちに脚が痛くなり、かなり苦心して完歩しました。

ぼくの体重ではもう限界なのか、日頃から定期的にウォーキングをしておく必要があるのか、よく分かりません。

次回から、短い距離のコースに参加するか、数ヵ月前から度々ウォーキング(試運転)をして臨むか、考えたいと思います。

 

3月11日(日)〜25日(日)

大相撲春場所が開催されました。

一時は故障を繰り返し、「進退を懸けて……」ということも言っていた鶴竜関の、見事な復活優勝でした。

三賞は、選ばれた力士の名前を見ると、いずれも該当する力士でしたが、他にも、11勝しているにもかかわらず落選している力士も居ます。

勢関、豊山関、阿炎関などにも、賞を与えてもよかったと思います。

十両に陥落した元大関・照ノ富士関は、まだ怪我が完治しておらず、負け越しました。

このままだと、十両残留も危なくなります。

やはり、大関時代に怪我をした時、直ぐに休場し、治療に専念しておくべきでした。

 

3月22日(木)

眦膕芦山店で開催されている「青森県の物産と観光展」に行ってきました。

時間とお金がないため、大好きな津軽路せんべいのみ買って帰りました。

津軽路せんべいは、本当に、何度食べてもおいしいです。

「青森県の物産と観光展」は、1年に何度も開催してもらいたいです。

 

3月26日(月)

兵庫県の姫路市文化センターで開催された「夢のスター歌謡祭」に行ってきました。

この歌謡祭は、ぼくが以前から何度も行っている「同窓会コンサート」同様、「夢グループ」が主催しています。

「夢のスター歌謡祭」は、「カラオケ一番」のCMでお馴染みの保科有里さんが出演しているので、以前から興味がありました。

最近、「同窓会コンサート」がなかなか無いので、今回、初めて「夢のスター歌謡祭」に行ってみました。

「同窓会コンサート」同様、往年のスター達が集まり、素晴らしいコンサートでした。

途中の休憩時間と終演後には、グッズ売り場に出演者が出てきて、購入者にはサインがもらえて、2ショット写真も撮らせてもらえるという、「同窓会コンサート」と同じサービスもありました。

ぼくは、全員に挨拶をしたかったですが、全員のグッズを買えるほどお金を持っていなかったので、今回は、保科有里さんのCDを買い、そのCDにサインをしてもらい、2ショット写真を撮らせてもらい、握手もしました。

初対面ですが意気投合し、会話もたくさんできて、とても満足でした。

また、追っかけをしたいコンサートが増えました。

 

3月28日(水)

大相撲の親方衆の、新しい職務分担が決まりました。

先月の理事候補選挙で当選した親方も、これで正式に理事に就任です。

当ホームページの「相撲のページ」の「年寄一覧表」は、まだ修正しておりません。

近日中に修正するか、番付発表後に修正するかは、今のところ未定です。

 

同じく3月28日(水)

選抜高校野球の第2試合に、ぼくの母校・おかやま山陽高校が登場しました。

昨年の夏に続いての出場ですが、選抜は初めてです。

昨年の夏は、名門校と対戦して大敗しましたが、今回は、せめて初戦は勝ち抜いてほしいと思いました。

その日は、仕事の関係で甲子園まで観戦に行けませんでしたが、テレビで観戦しました。

1回に4番打者のホームランで先制しましたが、やがて逆転され、またしても初戦での敗退でした。

でも、昨年の夏は完封負けだったので、少し進歩したということでしょう。

今度こそは、甲子園で勝ってもらいたいです。

 

書きそびれていてことを、一気に投稿しました。

急いで書いたので、少々文章がおかしいかもしれませんが、悪しからずご了承ください。

| いろいろ | 14:57 | trackbacks(0) |
またまた、遅延のお詫び

大相撲春場所は、本日閉幕しました。

ホームページの方はなんとか更新できましたが、毎場所ブログに書いている総評等は、少し遅れます。

しばらくお待ちください。

| スポーツ | 20:14 | trackbacks(0) |
遅延のお詫び

本日、阪神甲子園球場へオープン戦(星野監督の追悼試合)の観戦に行っていました。

一日中、ほとんど外出していました。

明日は、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに参加します。

従って、明日も長時間外出します。

本日の野球観戦のことや、明日から始まる大相撲春場所のことも、こちらに書くのが遅れます。(来週は公私共に忙しいため、書けないかもしれません。)

また、掲示板に投稿していただいている方へのレスも、少し遅れそうです。

予め、ご了承ください。

| スポーツ | 21:24 | trackbacks(0) |
大相撲の新番付

大相撲春場所の新番付が、今朝発表されました。

 

先場所優勝の栃ノ心関は、関脇に返り咲きました。

先場所が平幕だったとは言え、もし今場所も優勝するようなことがあれば、大関昇進の話も出るかもしれません。

 

元大関・照ノ富士関は、ついに十両に陥落してしまいました。

大関時代から、怪我をしているにもかかわらず強行出場し、悪化させて休場するということの繰り返しです。

照ノ富士関の怪我の状態は、どうなのでしょう?

もし今場所も出場できないようなことがあれば、来場所は幕下落ちです。

心配です。

 

貴乃花部屋の貴公俊関が十両に昇進し、双子関取が誕生しました。(双子の弟は、貴源治関)

今まで、双子の力士は何組か居ましたが、2人とも関取になれたのは史上初です。

近い将来、どちらも入幕し、史上初の双子による優勝決定戦を実現させてもらいたいです。

 

「相撲のページ」の「初場所、結果」を「春場所、番付」に差し替えています。

また、行司と呼出に退職者が居るため、「行司一覧表」「呼出一覧表」も更新しています。

| スポーツ | 19:39 | trackbacks(0) |
相撲協会の理事候補選挙
一昨日、日本相撲協会の理事候補選挙が行われました。
定員10人に対し、11人の親方が立候補し、投票の結果、貴乃花親方が落選となりました。
貴乃花一門は、所属する親方の人数が少ないので、1人を当選させることは可能でも、2人を当選させるのは無理な状況でした。
それにもかかわらず、貴乃花親方と阿武松親方の2人が立候補しました。
ぼくは、貴乃花親方が他の一門の親方衆と話し合いをして、当選できるくらいの人数を集め、当選の目処が立っているのかと思いました。
ところが、貴乃花親方は2票しか得られず、まさに大敗でした。
阿武松親方を優先的に票固めをしていると聞いていましたが、貴乃花親方の方の票固めはできていなかったようです。
貴乃花一門には8人の親方が居り、時津風一門を離脱した3人の親方も貴乃花一門に協力すると見られていたので、同一門の票数は全部で11票になるはずなので、他の一門からの獲得票が全く無かったということでしょう。
貴乃花親方と阿武松親方の票数を足すと10票なので、他の一門からの獲得票どころか、むしろ、貴乃花一門から他の一門に1票流出してしまったということです。
他の一門の親方に協力を依頼せず、更には他の一門に票が流出してしまい、本当に、何のために2人が出馬したのか、不可解です。
テレビのワイドショー等でも、いろいろと憶測し、好き勝手に言っているようですが、ぼくも、何故このような結果になったのかを考えていました。
いろいろ考えていると、これから書くようなことが思えてきました。
貴乃花親方は、本当は、今回の理事選に出馬する意思は無かったのではないでしょうか?
一連の不祥事で、理事を解任されたばかりなので、今回は自粛したかったのではないかと思います。
ところが、貴乃花親方は、性格上「不祥事の責任を取り、今回は自粛したい」とは言えず、出馬して落選するという形にしたのではないでしょうか?
そう考えれば、票数が足りないのを承知で2人が出馬し、阿武松親方を優先的に票固めをし、他の一門の親方に貴乃花親方への投票依頼をしなかったことも納得できます。
そして、他の一門に流出したと言われている1票も、造反者が居るなどと言われていますが、もしかしたら、貴乃花親方本人が他の一門の親方に投票したのかもしれません。
先程書いたようなことを考えると、この件もつじつまが合います。
もちろん、これはぼくの憶測にすぎないので、書いていることが全て正しいとは思っていません。
ぼくも、ワイドショー等と同じように、憶測してみただけです。

 

次回の理事改選は、2年後です。
貴乃花親方は、以前から他の一門の親方衆にも信頼されているし、行動力もあるし、大相撲の改革に人一倍情熱を持っているので、2年後には、貴乃花一門から2人出馬した場合でもどちらも当選できるくらいになっているような気がします。

 

今回の選挙で当選した親方たちは、春場所後に正式に就任します。
「相撲のページ」の「年寄一覧表」は、そのあとに更新する予定です。

 

| スポーツ | 15:52 | trackbacks(0) |