RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
七月場所、総評

両国國技館で開催された異例の七月場所は、無事に15日間、休むことなく開催できました。

 

その異例の場所で優勝したのは、照ノ富士関でした。みなさんもご存知のとおり、照ノ富士関は元大関で、一時は横綱の一歩手前まで行っていましたが、膝の怪我等で休場が続き、序二段まで番付が下がっていました。今までの元大関は、遅くとも十両陥落が決まったあたりで引退してしまいましたが、照ノ富士関は、諦めずに頑張り、幕内まで復帰し、再び賜盃を手にすることができました。次は、大関復帰が期待されるでしょう。七月場所の強さだと、大関復帰も夢ではないと感じました。但し、照ノ富士関の膝は、決して完治しているわけではありません。これからは、上位陣との取組も多く組まれます。膝の怪我を悪化させないか、それが心配です。

 

三賞は、殊勲賞=御嶽海関・大栄翔関・照ノ富士関、敢闘賞=正代関、技能賞=照ノ富士関と決定しました。殊勲賞の御嶽海関・大栄翔関、敢闘賞の正代関、技能賞の照ノ富士関は妥当な選考だと思います。照ノ富士関の殊勲賞も、絶対反対というわけではないのですが、殊勲賞は他に2人も該当者が居るのに、元大関にまで与えることもないように思いました。もし、照ノ富士関に賞をもうひとつ与えるなら、序二段から這い上がってきた努力を認め、敢闘賞を与えた方がいいように思いました。それから、技能賞は、もう一人、妙義龍関も該当していました。妙義龍関は、千秋楽で勝てば11勝となっていたので、「千秋楽で勝てば受賞」という条件付きにしてもよかったと思います。

 

外出自粛の方針を破り、“夜の店”に出入りしていた阿炎関は、7日目から強制休場となり、場所後、自ら提出した引退届は受理されず、3場所出場停止の処分を受けました。処分は厳しすぎるような気もしますが、今は状況が状況だけに、あえて厳しい処分にしたのでしょう。二度と、同じ過ちを繰り返さないことを願います。

飲食店で泥酔した田子ノ浦親方の処分は、「譴責」という軽い処分でした。「“夜の店”ではない」「実際は、それほど飲んでいない」などが、軽い処分となった理由のようですが、やはり、親方(特に、部屋の師匠)は、力士たちの手本にならなければならない人なので、もう少し重い処分にしてもいいような気がしました。

 

元幕内・蔵玉錦関の安達敏正氏が、昨日、多発性骨髄腫のため亡くなられました。67歳でした。蔵玉錦関は、十両昇進後も本名を四股名にしていましたが、昭和53年一月場所に再入幕し、その場所から「蔵玉錦」(ざおうにしき)と改名しました。故郷の蔵王山に因んだ四股名ですが、字画数の関係で、「王」ではなく「玉」の字を使いました。1981年の一月場所に、大関・貴ノ花関を倒し、その翌日に貴ノ花関が引退したため、貴ノ花関の最後の対戦相手となりました。当時、大相撲の雑誌に「忘れられない相撲になるでしょう」とコメントしており、貴ノ花関の最後の対戦相手となったことを誇りに思っていると考えられます。その年は、九月場所に横綱・北の湖関を倒しており、その頃が全盛期だったのでしょう。引退後は、長いこと借株で年寄として残っていましたが、定年の数年前に「武隈」の名跡を正式に取得し、定年後もしばらくは再雇用(参与)という形で残っていましたが、昨年9月に退職していました。蔵玉錦関のご冥福をお祈りします。

 

次の九月場所は、本来の開催地(両国國技館)で開催されるので、俗称の「秋場所」も多く使われるでしょう。十一月場所は、本来の開催地(福岡国際センター)ではなく、両国國技館で開催されることが決まっているので、正式名称の「十一月場所」が使われるでしょう。コロナの方も、未だ終息の目処が立っておらず、今後も開催地の変更が無いとは言えないので、当面、当ホームページでは、正式名称の方をメイン表記とします。

| スポーツ | 15:51 | - |
大相撲五月場所、中止

コロナウィルスによる緊急事態宣言が今月末まで延長になったことにより、大相撲五月場所が中止されることが決定しました。

そして、次の七月場所も、本来の会場の名古屋ではなく、東京で開催されることが決定しました。

その七月場所は、本来どおり「名古屋場所」と呼ばれるのでしょうか?

名古屋では開催されないので、別の俗称で呼ばれるのでしょうか?

それとも、俗称では呼ばず、「七月場所」と正式名称で呼ばれるのでしょうか?

本日、当ホームページの「相撲のページ」の「本場所日程表」も更新しました。

当ホームページでは、今までは「五月場所」「七月場所」などの正式名称よりも、「夏場所」「名古屋場所」などの俗称をメイン表記してきましたが、本日更新した「本場所日程表」には、正式名称と俗称を併記しました。

そして、本年の七月場所の所には、俗称は表記せず、正式名称の「七月場所」のみ表記しています。

今後は、当ホームページでも、正式名称をメイン表記するか、正式名称と俗称を併記することも検討します。

 

こういう状況なので、中止の可能性は高いと思っていましたが、やはり寂しいです。

 

| スポーツ | 19:45 | - |
大相撲

みなさん、大変長らくご無沙汰しておりました。

大相撲春場所の総評を書きそびれているうちに、夏場所の新番付が発表されました。

 

春場所は、やはり白鵬関の優勝でした。

近年は怪我で休場することも多くなった白鵬関ですが、怪我が無く皆勤した場合は、さすがに強いです。

まだまだ、第一人者の座を譲りそうにないですね。

三賞は、妥当な選考だったと思います。

朝乃山関につきましては、先月も書きましたように、もう1場所様子を見てもよかったような気がします。

朝乃山関の昇進により、大関が2人となったため、新番付では「横綱大関」という表記はされていません。

春場所で負け越した大関・貴景勝関は、夏場所では角番となります。

元大関で、一時は序二段まで下がっていた照ノ富士関は、久々に幕内に返り咲きました。

十両で優勝した琴勝峰関は、20歳の若さで新入幕を果たしました。

幕下に陥落していた蒼国来関は、師匠の荒汐親方の定年退職に合わせて引退を表明し、「荒汐」の名跡と部屋を継承しました。

また、豊ノ島関も引退を表明し、年寄「井筒」を襲名し、時津風部屋で後進の指導に当たります。

「相撲のページ」の「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」に両者の名前も記載していますが、井筒親方の方は取得なのか借株なのか、はっきりしていません。

井筒親方は、一度は「錦島」の名跡を取得したこともあるため、今更借株をするとは思えなかったので、とりあえず取得と判断して、「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」に記載しています。(もし借株であった場合は、修正します。)

 

コロナウィルスの影響で、夏場所と名古屋場所の予定を2週間ほどずらしていますが、開催されるかどうかは未定のようです。

先日、眦沈鄂栃と、その部屋の力士たちが感染したため、夏場所の開催は難しそうです。

広報部長の芝田山親方は、開催する方向で考えているようですが、どうなるのでしょうね?

| スポーツ | 15:33 | - |
やはり、そうか

本日、朝乃山関が11勝目を挙げました。

取組終了後、朝乃山関の大関昇進を審議するための臨時理事会を招集することを決定しました。

イコール、朝乃山関の大関昇進も、事実上決定です。

昇進目安の3場所33勝に足りないだけでなく、今場所は両横綱にも勝てず、白星の中には不戦勝が含まれています。

審判部は、そういうことは考えなかったのでしょうか?

相撲協会は、本当に、日本人力士には甘いですね。

| スポーツ | 19:50 | - |
遅延のお詫び

大相撲春場所は、本日が千秋楽です。

今場所も、総評はすぐに書けそうにありません。

申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

でも、ひとつだけ書いておきます。

それは、朝乃山関の大関昇進についてです。

ぼくが決める人であるなら、本日の相撲で勝っても、昇進は見送りにします。

3場所の白星の合計が33勝に達していないということは、それほど問題視しておりません。

朝乃山関の今場所の白星の中には、不戦勝があります。

なので、今日の相撲で勝っても、実質的には10勝しかしていないということです。

それに、2人の横綱には勝てませんでした。

取り口の内容は悪くありませんが、星の内容に問題があります。

本日の相撲で勝っても、見送りにするべきだと思います。

現在、大関が一人しか居ないとは言え、昇進条件が甘くなってはいけません。

来場所で文句なしの成績を残して、堂々と昇進してもらいたいです。

| スポーツ | 15:51 | - |
大相撲“大阪無観客場所”、開幕

3月恒例の大相撲春場所が、異例の無観客でスタートしました。

最後まで何事も無く、無事に初日を終えることができましたが、「違和感がある」「物足りない」「寂しい」など、感想を挙げると良くないものばかりですね。

今回は、事情が事情だけに仕方がないのは分かりますが、このようなことは初めてですからね。

千秋楽まで、何事も無く行われることを祈ります。

 

コロナウィルスの影響で、ぼくが楽しみにしていた瀬戸内倉敷ツーデーマーチも中止になりました。

今月2日に岡山市民会館で予定されていた坂本冬美くんのコンサートも延期になりました。

プロ野球は、現在はオープン戦の段階で、やはり無観客で行われていますが、今月20日から始まる公式戦から観客を入れて試合を行うことは難しいでしょうね。

やはり、開幕延期または無観客での試合になるのでしょうか?

ぼくは、今月28日の阪神:広島戦(大阪ドーム)のチケットを買っているだけに、とても気になります。

 

| スポーツ | 19:33 | - |
訃報

プロ野球の元捕手で、引退後は監督としても活躍した野村克也氏が、本日、虚血性心不全のため亡くなられました。

84歳でした。

現役時代は南海(現・ソフトバンク)の捕手でしたが、長年4番打者に定着し、日本のプロ野球では第2位となる657本のホームランを記録しています。

1970年から8年間は、監督兼選手として活躍しました。

監督兼選手と言えば、他にも例はありますが、大概短期間で終わっているし、阪神の監督なんか、監督専任でも8年も続いた人は居ませんでした。

野村監督は、4番を打ち、大変な捕手のポジションをこなしながら8年間も監督を務め、1度でも優勝を経験しているのですから、立派としか言いようがありません。

また、ヤクルト、阪神、楽天でも監督を務めましたが、いずれも、なかなか優勝ができなかった時期に就任し、後に優勝チームとなる土台を築いています。

阪神では、監督を務めていた3年間が全て最下位で、星野監督に交代して2年後に優勝しているので、星野監督が阪神を優勝チームに作り変えたと言われがちですが、土台作りをしたのは、あくまで野村監督です。

もし、野村監督が阪神の監督になっていなかったら、阪神は今も低迷し続けていたかもしれません。

今までの阪神の監督の中で、一番の功労者と言えるでしょう。

ぼくは、野村監督に国民栄誉賞を与えてもいいと思います。

もし将来、阪神が再び低迷することがあったなら、野村監督に再び就任してもらい、もう一度土台作りをしてもらいたかったです。(年齢的に、無理かもしれませんが)

野村監督のご冥福をお祈りします。

オープン戦でも公式戦でもいいので、是非、野村監督の追悼試合をしてもらいたいです。

 

野村監督以外にも、シンガーソングライターの広谷順子さん、女優の青山京子さん、中日の元選手・監督の高木守道氏、俳優の宍戸錠氏、歌手の梓みちよさんなど、今年になって、多くの著名人が亡くなられています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

| スポーツ | 16:21 | - |
今更ながら、初場所の総評

みなさん、大変長らくお待たせいたしました。

大相撲初場所が終わって、2週間以上経過しました。

遅くなりましたが、初場所の総評です。

初場所は、両横綱が早々と休場し、優勝争いは混戦となり、最後まで優勝争いに残ったのは、正代関と勝龍関でした。

正代関は、先場所は好成績を残し、上位に上がりましたが、最近は上位に上がるといつも負け越すので、今場所は8勝できれば上出来だと思っていました。

勝龍関は、しばらく十両で低迷していたので、彼も8勝できれば上出来だと思っていました。

この2人が優勝争いをするなど、夢にも思いませんでした。

その意外な2人の優勝争いで、場所は大いに盛り上がりました。

千秋楽結びの一番の割を崩し、優勝争いの先頭だった勝龍関を、大関の貴景勝関と組ませましたが、その期待に見事に応え、大関に完勝して優勝を決めました。

33歳という、引退していてもおかしくない年齢まで頑張り、その努力が実ったのでしょう。

他の力士たちも、決してあきらめずに頑張ってもらいたいものです。

正代関は、惜しくも優勝を逃しましたが、上位に上がっても好成績が残せたので、自信がついたかもしれません。

まだ20代なので、今後も優勝の可能性はあるでしょう。

同郷の先輩・牧本関が果たせなかった幕内優勝を、実現してもらいたいです。(牧本関につきましては、当ホームページの「相撲のページ」の「努力の人・牧本英輔」に詳細を載せています。)

 

角番大関の豪栄道関は、大関残留条件だった勝ち越しができず、大関陥落が決まりました。

ぼくは、来場所も現役を続けるものと思っていました。

来場所で10勝以上できれば大関に復帰できるし、来場所は大阪場所なので、彼にとってはご当所なので、少なくとも来場所までは出場すると思っていました。

ところが、あっさりと引退を表明してしまいました。

以前より、大関から陥落する時は引退すると決めていたらしいです。

残念ではありますが、最近の力士には少ない、見事な引き際でした。

今後は、年寄「武隈」を襲名し、第二・第三の豪栄道を育ててくれるでしよう。

 

大関復帰がかかっていた皸卒悗蓮大関復帰条件の10勝を挙げることができませんでした。

それどころか、6勝9敗の負け越しで、来場所の平幕落ちが必至となりました。

婚約者の演歌歌手・杜このみくんのためにも、もう一度厳しい条件をクリアし、大関に復帰してもらいたいです。

 

十両では、元大関・照ノ富士関が圧倒的な強さで優勝しました。

怪我が治れば、さすがに強いです。(まだ完治はしていないでしょうが。)

彼が幕内に復帰し、大関時代の実力を発揮できれば、ますます面白くなりそうです。

 

三賞は、今場所も妥当な選考でした。

でも、ひとつ気になったのは、遠藤関の殊勲賞です。

確かに、遠藤関は両横綱を倒していますが、どちらも途中休場してしまう横綱だったので、殊勲賞の対象になるのだろうか?とも思いました。

また、正代関は、技能賞にも該当すると思いましたし、豊山関も「千秋楽に勝てば敢闘賞」としてもよかったと思いました。

 

昨年12月に東関親方が亡くなり、部屋は存続した状態で、残った力士たちは八角部屋に一時預かりとなっていましたが、初場所後に、元高見盛関の振分親方が、年寄「東関」を襲名し、東関部屋の師匠となりました。

新・東関親方は、一時は継承に消極的だったようなので、部屋が閉鎖にならないかと心配していましたが、やはり、いろいろと考え直したようで、最も望ましい形でおさまりました。

新師匠の決定後、部屋付の大山親方(参与=定年退職者の再雇用)が八角部屋へ移籍することになりました。

「相撲のページ」の「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」を更新しています。

 

| スポーツ | 15:37 | - |
豪栄道、引退表明

大関陥落が決まった豪栄道関が、引退を表明したらしいです。

 

後日、初場所の総評と一緒に、改めて書きます。

| スポーツ | 20:09 | - |
大相撲九州場所、総評

大相撲九州場所は、24日(日曜日)に閉幕しました。

近年は休場が多くなった白鵬関が、復活を果たしました。

白鵬関は、休場が多いとは言え、怪我や病気が無い時は、やはりまだまだ第一人者ですね。

それに反して、鶴竜関は、今場所も出場予定でしたが、初日の朝稽古で腰を痛め、休場することとなりました。

すると、まるで連鎖反応のように、一山本関、豪栄道関、友風関、若隆景関、栃ノ心関、高安関、臥牙丸関も途中休場しました。

逸ノ城関も初日から休場しており、関取で9人も休場力士が出て、寂しい場所となりました。

 

三賞は、殊勲賞=大栄翔関、敢闘賞=正代関、技能賞=朝乃山関と決まりました。

今場所は、妥当な選考だったと思います。

欲を言えば、「敢闘賞は正代関が千秋楽に勝てば」という条件付きになっていましたが、今場所の正代関は、14日目まで優勝争いに残っていたのですから、千秋楽に負けた場合でも与えていいと思いました。

近年の三賞は、納得の行かない選考が多かったですが、今場所は久々に妥当な選考でした。

では、今年最後の場所が終わったので、今年の年間三賞を選考してみました。(各賞ひとりずつ厳選)

年間殊勲賞=御嶽海関、年間敢闘賞=阿炎関、そして、年間技能賞=朝乃山関です。

年間MVPを選考するとすれば、やはり、年間最多勝の朝乃山関か、年間最多優勝の白鵬関か、年間全場所勝ち越しの阿炎関あたりでしょうね。

 

来場所は、小結で11勝を挙げた朝乃山関が関脇に上がります。

当然のように、大関昇進が期待されるでしょう。

10勝→11勝と来たので、来場所が12勝であれば昇進目安の33勝に到達しますが、10勝を挙げた秋場所は平幕でした。

なので、たとえ33勝でも、少し物足りないと思います。

ぼくが決める人であれば、来場所で13勝以上を目安とし、更に内容も重視して決めたいと思います。

 

千秋楽の日あたりから、何かとバタバタしていて、総評の公開が遅れました。

ホームページの方も更新が遅れるかと思いましたが、どちらも大幅に遅らせるわけにはいかないと思い、とりあえずホームページの更新を優先しました。

| スポーツ | 10:23 | trackbacks(0) |