RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
全日程終了

本日、阪神の最終戦が行われました。

最終戦は勝つことができましたが、今シーズンは不本意なシーズンでした。

来シーズンは、今シーズンの成績が嘘のように思えるくらい、好成績を残してほしいです。

これで、全日程が終了しました。

全日程が終了すると、毎年、データ集を作ってアップしていますが、今回は、まだ完成していません。

いくつか集計しているものもありますが、やはり、全て集計し終わってからアップしたいと思っています。

明日は、倉敷市内で開催される「市民あるく日」というウォーキングイベントに参加するため、集計できそうにありません。

早くて15日(月曜日)、遅ければ17〜18日(水〜木)あたりになるかもしれません。

今しばらく、お待ちください。

 

本日は、「各年度、監督&成績」「相手球団別対戦成績(セパ交流戦実施後)」をアップしています。

| スポーツ | 18:45 | trackbacks(0) |
金本監督、辞任

阪神の金本知憲監督が、本日、辞任を表明しました。

今シーズンの成績不振により、決意したようです。

でも、ぼくは、今シーズンで辞任することもないように思います。

確かに、チームの成績は最下位でしたが、金本監督は、今までの監督に比べて、若手選手をよく起用していました。

近い将来、その若手選手たちが伸びて、阪神は常に優勝が争えるチームになるかもしれません。

そういう点を考えると、一度の最下位で辞任を決意するのは早いと思います。

 

後任は、誰でしょうね。

岡田彰布氏、掛布雅之氏、矢野燿大氏などが候補に上がるでしょうね。

ぼくは、当然、木戸克彦氏を推します。

| スポーツ | 18:13 | trackbacks(0) |
訃報

大相撲の第54代横綱・輪島関が、昨日亡くなられました。

70歳でした。

ぼくが大相撲を好きになったころ、初代・貴ノ花関と輪島関が同時に大関に昇進し、話題の中心でした。

ぼくも、この2人の直接対決には、特に注目していました。

人気の方は貴ノ花関が上だったものの、実力では輪島関には敵わず、貴ノ花関が大関で終わったのに対し、輪島関はわずか4場所で横綱に昇進し、第一人者となりました。

その後、北の湖関も横綱に昇進し、「人気の貴輪(きりん)」「実力の輪湖(りんこ)」とよく言われていました。

輪島関のご逝去により、その「貴輪時代」と「輪湖時代」は完全に閉幕してしまいました。

大相撲に限らず、プロ野球や芸能界等でも、全盛期をはっきりと覚えている人たちが次々とこの世を去って行き、時の流れの早さと寂しさを実感する今日この頃です。

輪島関のご冥福をお祈りします。

| スポーツ | 17:12 | trackbacks(0) |
今シーズン最後の観戦

5日(金曜日)、阪神甲子園球場へ観戦に行ってきました。

結果は、6:1で完敗でした。

今シーズン、ぼくが観戦に行った試合は、巨人戦以外はすべて勝っていたのに、ついに、巨人以外の球団にも負けてしまいました。

 

今から11年前に甲子園で逢った女性(ぼくより11歳年上、既婚者)と、その日、久々に逢うことができました。

その女性とは、初めて逢って以来、常にメールで連絡を取り合っていました。

その後、2度ほど逢ったことはありましたが、その年の9月に逢って以来、直接逢うことはありませんでした。

5日、電車で移動中に「本日、甲子園へ行きます」というメールを送ると、「私も行きます」と返事が来ました。

試合開始の数分前、「甲子園に着きました」とメールが届いたので、すぐに電話をして、待ち合わせの場所を決めて、その場所に行き、11年振りに再会を果たしました。

その女性は、半年ほど前に癌に罹り、手術を受けたのですが、すっかり元気になり、今はぼくよりもたくさんの試合に観戦に行き、沢田研二さんのライブにもよく足を運んでいるとのことです。

完敗の試合でしたが、試合前、楽しいひと時が過ごせました。

 

今シーズンの球場での観戦は、これで終わりです。

9試合観戦に行き、6勝3敗でした。

| スポーツ | 14:48 | trackbacks(0) |
大相撲秋場所〜場所後

遅くなりましたが、大相撲秋場所は、9月23日に閉幕しました。

白鵬関は、今年になって優勝が無く、休場が多かったので、「もうそろそろ限界か?」という噂も飛び交っていましたが(ぼくも、そう考えないこともなかったですが)、怪我が治れば、やはり強いですね。

今年初めての優勝を、全勝で飾りました。

まだまだ、大相撲界の第一人者は白鵬関のようです。

進退を懸けて出場した稀勢の里関は、10勝5敗に終わりました。

横綱にしては物足りない成績かもしれませんが、8場所休場した力士がフル出場し、2桁勝てたのですから、今場所は良しとしましょう。

但し、来場所以降もずっと10勝でOKというわけではありません。

やはり、横綱は12勝〜13勝はしなくては駄目ですね。

それは、鶴竜関も同じです。

初日から10連勝しましたが、1敗して全てが終わったかのように、残り全て負けるのは横綱として不合格ですね。

大関の豪栄道関と高安関は、その不振の2横綱よりも好成績を残しました。

大関としては合格ですが、それに満足せず、更に上を目指してもらいたいです。

栃ノ心関は、大関昇進前の元気は何処に行ったのでしょう?

奮起を期待したいです。

 

三賞は、史上初の、全て該当者無しでした。

それには、疑問を感じました。

全ての賞に、該当者は居たはずです。

殊勲賞は、別に「優勝した横綱に勝った力士」という決まりは無いはずです。

以前は、途中休場した横綱や、その場所で引退した横綱に勝った力士が受賞した例もあります。

逸ノ城関は、稀勢の里関(皆勤して2桁勝った横綱)に勝って、尚且つ勝ち越しているのですから、殊勲賞には該当します。

技能賞は、嘉風関が該当します。

技能的な観点から評価しても、11勝の好成績から見ても、文句の付け様は無いはずです。

敢闘賞は、平幕で10勝を挙げている錦木関、竜電関、貴ノ岩関が該当します。

一人に絞るなら、竜電関は不戦勝があり、実質的には9勝なので脱落。

貴ノ岩関は、横綱にも勝ったことのある実力者なので、上位経験の無い錦木関(今年2度目の2桁勝利)が最も敢闘賞に該当するでしょう。

殊勲賞=逸ノ城関、敢闘賞=錦木関、技能賞=嘉風関

これが、秋場所の真の三賞でしょう。

 

場所中の9月11日、元大錦関の山科親方が、65歳の誕生日を迎えました。

19歳で入幕した時から知っている大錦関が定年を迎えるなんて、時の流れは早いものです。

大錦関と言えば、新入幕で横綱や大関を倒して三賞を独占したことが思い出されますが、もうひとつ、印象に残っている相撲があります。

当ホームページの「相撲のページ」の「印象に残っている相撲」でも紹介しています、昭和56年秋場所、横綱・若乃花関(後の間垣親方)を小股すくいで倒した相撲です。

若乃花関がみごとにひっくり返ったシーンは、今も忘れられません。

現在は、年寄の定年退職者の再雇用という制度もありますが、山科親方はその制度は利用せず、場所後に退職しました。

山科親方、長い間、本当にお疲れ様でした。

 

場所後の25日、貴乃花親方が、相撲協会に引退届(退職届)を提出し、同日、記者会見を行いました。

会見で言っていた引退理由など、気持ちは分かりますが、ああいう場合は、まず、上層部にそのことを訴え、話し合いをすべきだと思いました。

昨日、理事会が行われ、貴乃花親方の退職、貴乃花部屋の閉鎖、残った力士、世話人、床山の千賀ノ浦部屋への移籍が承認されました。

貴乃花親方は、以前から、自分が正しいと思った場合は、周りを見ずに突っ走ってしまうところがありましたが、最後まで、自分の意思を貫きとおし、退職の道を選びました。

退職するのは自由ですが、彼を慕って入門した力士も多いのですから、その弟子たちの気持ちも考えてあげて欲しかったです。

それにしても、相撲協会の改革にあんなに情熱を持って取り組んでいた人が、46歳という、親方としてこれからという時にあっさり退職してしまい、本当に残念に思います。

貴乃花親方には、あえて「お疲れ様」の言葉は言いません。

まだ若いので、第二の人生で成功する可能性も高いので、その時に言いたいと思います。

| スポーツ | 19:40 | trackbacks(0) |
大相撲&プロ野球

9日から、大相撲秋場所が始まりました。

今場所の注目力士は、大関昇進が懸かる御嶽海関と、久々に出場した稀勢の里関ですね。

7日目まで、どちらも6勝1敗で来ています。

全勝をキープしているのは、鶴竜関、白鵬関、皸卒悄∨名”抻隆悗裡歓佑任后

御嶽海関は、11勝以上で大関昇進は合格だと思いますが、絶対に、千秋楽の前に「千秋楽に負けても昇進」というようなことを軽々しく言わないでもらいたいです。

稀勢の里関は、6勝しているものの、危ない相撲や手こずる相撲が多く、完全復活とは言えませんが、今場所での引退はほぼ無くなったと言ってもいいでしょう。

 

阪神は今日も敗れ、ついに最下位に転落しました。

今シーズンは、中止が多かったため、クライマックスシリーズの前日辺りまで公式戦が行われる可能性もあります。

そうなった場合は、クライマックスシリーズ開幕2日前の順位で、出場チームが決まると聞いています。

3位から最下位までは、ほとんどゲーム差か無いので、今後の展開によっては、最終的に最下位となったチームがクライマックスシリーズに出場し、勝ち抜いて日本一になるということも、絶対に無いわけではありません。

そのようになれは、さすがにクライマックスシリーズのルールを見直すかもしれませんね。

| スポーツ | 18:26 | trackbacks(0) |
負け試合を観戦

昨日(8日・土曜日)、阪神甲子園球場へ観戦に行きました。

天気が悪く、中止の可能性も高かったのですが、天気予報によると、試合が開催される時間帯が曇りになっていたので、出発しました。

その後、天気予報はコロコロ変わり、一時は、15時台に大雨が降るという予報も出ていましたが、うまく外れてくれて、試合中は時々小雨が降った程度でした。

試合は、中断することなく、進められました。

しかし、結果の方は、嬉しい結果ではありませんでした。

先制点は阪神が取りましたが、その後大逆転を許し、最終的には7:2の大敗でした。

今度は、今月22日(土曜日)に広島戦(広島)を観戦に行く予定です。

 

本日は、予定どおり試合が始まりましたが、4回表終了後に大雨が降りだし、試合は中断となり、日程の関係でこれ以上中止にはできなかったため、再開の方向で整備も行われましたが、その甲斐も無く、ノーゲームとなりました。

本日の代替え試合は、予備日の25日に行われると思いますが、これで、予備日が無くなりました。

もし、これ以上中止になった場合は、久々にダブルヘッダーも行われるかもしれません。

野球選手たちのスケジュールは、ますます過密になります。

 

 

| スポーツ | 16:47 | trackbacks(0) |
大相撲の新番付

大相撲秋場所の新番付が、今朝発表されました。

横綱と大関は、先場所と変わっていません。

ぼくが新番付で最も注目していたのは、関脇ふたりの序列でした。

最近は、どちらも勝ち越しの場合は、西の方が好成績であっても序列は入れ替えないということもありましたが、今回は、先場所西で13勝だった御嶽海関が東になり、東で8勝だった逸ノ城関が西に回りました。

それが、妥当でしょう。

西の方が東より成績が良かったのに、翌場所もそのままというのは、どう考えてもおかしいです。

過去の失敗を反省し、本来の決め方に戻したのでしょうか?

今後はどのようにするかは分かりませんが、今場所の関脇の序列を見てひと安心しました。

先場所、新大関で途中休場した栃ノ心関は、今場所は角番大関となります。

今場所で勝ち越せば、大関にとどまることができます。

先場所、12勝を挙げて準優勝だった豊山関は、前頭2枚目まで上がりました。

今場所は、横綱・大関陣の全てと対戦するでしょう。

元大関・照ノ富士関は幕下47枚目まで下がりました。

今場所、出場できるのかどうかは分かりませんが、今場所も全休すれば(というより、2勝以下で終わったら)、三段目に陥落してしまいます。

常幸龍関は、14場所振りの十両復帰です。

 

「相撲のページ」の「名古屋場所、結果」を「秋場所、番付」に差し替えています。

また、元・五城楼関の年寄名が、先場所までは「濱風」と表記されていましたが、今場所から「浜風」に変わっているようなので、「年寄一覧表」と「相撲部屋一覧表」も更新しています。

 

大相撲秋場所は、9月9日から始まります。

 

| スポーツ | 20:19 | trackbacks(0) |
勝ち試合を観戦

一昨日(8月4日・土曜日)、大阪ドーム(京セラドーム大阪)へ観戦に行きました。

早く大阪に着いたので、大阪環状線で1周余分に回り、ドームへ行きました。

相変わらずの猛暑で、入り口の前で待つのはきつそうだったので、開門ぎりぎりまで近くのデパートの中に居ました。

16時に開門され、入場しました。

ドームの中は、気温は外よりもだいぶ低いようでしたが、風が全くありませんでした。

観戦中も、ドーム球場特有の暑さに悩まされ、ほとんどの時間、うちわで煽いでいました。

試合の方は、初回に2点を先制しましたが、4回表に6点を取られて逆転され、5回表にも1点を取られ、完敗ムードとなりました。

その時は、「今日は駄目だろう」と諦め半分でした。

ところが、5回裏に2点を、6回裏には3点を取って同点となり、7回裏に1点を取って逆転しました。

まだまだ観戦したい気持ちはやまやまでしたが、その日は、睡眠不足と猛暑のせいか体調がすこぶる悪く、試合終了まで体が持つ自信が無かったので、7回裏の攻撃が終わった時点で帰りました。(次の日の新聞配達は休暇をもらっていたのですが)

帰りの電車の中でも、常にスマートフォンで経過をチェックしていましたが、9回表、1点を返されて同点となり、その裏の阪神は0点で、延長戦に突入しました。

延長11回の表、1点を取られてリードを許し、今度こそは本当に駄目かと思いました。

しかし、その裏、原口選手と糸原選手の連打で同点に追いつき、更には北條選手の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。

その劇的な瞬間を見られなかったのは残念でしたが、もし最後まで観戦していたら、最終電車(新幹線)にも間に合わなかったし、体調もますます悪くなったかもしれないので、早く帰ったのは正解だったかもしれません。

 

一昨日の試合は、もともとは観戦に行く予定ではありませんでしたが、6月中旬にチケットの残数を調べてみたらまだ残っているようだったので、急遽行くことにしました。

それが負け試合になったり、中止になったりせず、ラッキーでした。

次回は、今月21日の二軍戦(広島戦・倉敷マスカットスタジアム)に行く予定です。

 

| スポーツ | 16:36 | trackbacks(0) |
野球観戦

本日は、大阪ドーム(京セラドーム大阪)へ観戦に行きます。

帰宅は夜中になるので、ホームページの更新は遅れます。

予めご了承ください。

| スポーツ | 09:10 | trackbacks(0) |