RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
プロ野球&大相撲&訃報

開幕が延期になっていたプロ野球は、明日、ついに開幕の日を迎えます。

当初の予定より3ヵ月遅れです。

プロ野球ファンにとって、その3ヵ月間はとても長かったです。

15日(月曜日)に全日程が発表されたので、その日のうちに当ホームページにもアップしました。

倉敷マスカットスタジアムでの試合が無いのは残念ですが、今シーズンは仕方ないですね。

また来シーズンに期待です。

本日中に、開幕一軍登録メンバーが発表されると思うので、当ホームページでもアップする予定です。

 

大相撲は、まだ開幕は1ヵ月くらい先ですが、番付発表は改めて行われず、五月場所の番付として発表されたものをそのまま七月場所で使用し、番付表の書き直しや発行も行わないとのことです。

ぼくは、五月場所に発表された番付を七月場所の番付として使うことには異論はないですが、番付表には「五月二十四日より十五日間」と書かれているし、年寄の中には、改名した人や、4月の番付発表前に現役を引退して年寄になった人も居るので、作成・印刷をし直して再発行するべきだと思いました。

 

訃報です。

作曲・編曲家の服部克久先生が、今月11日に心不全のため亡くなられました。

83歳でした。

谷村新司さんの名曲「昴」の編曲も担当していましたが、ぼくは、その「昴」を初めて聴いた時、イントロの部分を聴いただけで「本当に『昴』という感じがする。素晴らしいアレンジだ」と感じました。

また、ぼくが毎週見て順位を記録していた「ザ・ベストテン」のテーマソングの作曲・編曲者としても有名でした。

服部克久先生のご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 14:04 | - |
相次ぐ訃報

みなさん、またまたご無沙汰していました。

 

3月末に、志村けんさんの訃報を書きましたが、その志村けんさんが亡くなられた前日に、元十両の鶴嶺山関が亡くなられていました。60歳でした。鶴嶺山関は、元関脇・鶴ヶ嶺関(先々代・井筒親方)の長男で、入門したころから注目されていましたが、幕下までは順調に進んだものの、幕下上位で足踏みし、その間に、あとから入門した弟(後の逆鉾関)に抜かれ、新十両は同時でしたが、すぐに幕下に転落し、その後十両に復帰に復帰しましたが、再度幕下に転落し、末弟(寺尾関、現・錣山親方)にも抜かれました。その後は度重なる怪我で休場が多く、序二段まで陥落しました。四股名を「鶴ノ富士」に改名し、一時は幕下上位まで番付を戻しましたが、十両復帰は果たせず、廃業しました。廃業後は、ちゃんこ料理店を経営し、亡くなる前日まで店に出ていたとのことです。半年前に弟の元・逆鉾関(先代・井筒親方)が亡くなったばかりなのに、後を追うように鶴嶺山関も亡くなってしまい、本当に驚きました。

 

4月20日、元ブルー・コメッツのリーダーのジャッキー・吉川氏(ドラム担当)が、自宅で亡くなられているところを発見されました。81歳でした。ぼくは、昭和40年代前半に流行ったグループサウンズに興味があり、ブルー・コメッツの歌でも好きな歌が数曲あります。近年は、ぼくがよく見に行く「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」に、同バンドのメンバーの三原綱木氏(ギター担当)も参加しており、いつか、ジャッキー氏にもその歌合戦に参加してもらいたいと思っていました。

 

5月1日、阪神で活躍したマット・キーオ投手が亡くなられました。64歳でした。キーオ投手は、阪神が低迷していた時期に入団しましたが、入団1年目の開幕投手を務め、3年連続で10勝以上を挙げ、特に3年目の1989年には15勝を挙げる大活躍でした。翌年のオフに解雇されましたが、今でも、阪神ファンの間では忘れることのできない助っ人です。

 

5月13日、眦沈酩屋の勝武士君が、新型コロナウイルス感染症による多臓器不全のため亡くなられました。28歳の若さでした。勝武士君は、巡業などで行われる初っ切りを演じていたため、知名度は高く、人気者でした。感染直後、なかなか受け入れてもらえる病院が見つからず、その後、見つかったものの、状態は良くならず、亡くなってしまい、本当に気の毒です。

 

4月〜5月にかけて、男優の志賀勝氏、志賀廣太郎氏、女優の岡江久美子さん、元プロ野球選手・監督の関根潤三氏、ゴダイゴのギタリスト・浅野孝已氏、プロレスラーの木村花選手なども亡くなられています。

 

亡くなられた方の、ご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 15:58 | - |
相次ぐ訃報

俳優の梅宮辰夫さんが、一昨日、慢性腎不全のため亡くなられました。

81歳でした。

梅宮さんが出演したドラマで、ぼくが最も印象に残っているのは、「スクールウォーズ」です。

高校時代は関東一のワルと言われていたけど、その後は更生し、中華料理店を経営しているという役でしたが、とても正義感が強く、ラグビー部員たちの強い味方でした。

借金取りに悩まされていたラグビー部員のために、暴力団員を説得に行き、刺されて息を引き取るという、感動的な最期でした。

ぼくは、そのドラマの梅宮さんを「正義の味方」と称していました。

 

元幕内・潮丸関の東関親方が、昨日、血管肉腫のため亡くなられました。

41歳の若さでした。

最高位は前頭10枚目でしたが、早くから東関部屋の後継者に指名され、先代の師匠(元関脇・高見山関)の定年に合わせて引退し、部屋を継承していました。

近年は体調を崩し、昨年の九州場所から休場していました。

師匠を失ってしまった東関部屋ですが、存続するには、誰かが継承しなければなりません。

普通に考えれば、同部屋の部屋付きとなっている振分親方(元小結・高見盛関)でしょうね。

 

梅宮辰夫さんと東関親方のご冥福をお祈りします。

 

「相撲のページ」の「年寄一覧表」「相撲部屋一覧表」は、東関部屋の後継者が決まってから更新します。

| スポーツ&芸能 | 20:49 | trackbacks(0) |
予定どおり

予定どおり、リリーズのライブと、阪神:巨人戦に行ってきました。

今、帰りの電車の中です。

詳しいことは、改めて書きます。

| スポーツ&芸能 | 16:52 | trackbacks(0) |
訃報

元幕内・時津洋関が、今月14日、心不全のため亡くなられました。

49歳の若さでした。

 

キングトーンズのリーダー・内田正人氏が、今月15日、病気のため亡くなられました。

82歳でした。

 

謹んで、ご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 21:11 | trackbacks(0) |
コンサート&プロ野球

先月の月末はとても忙しかったですが、そんな中、娯楽もありました。

 

9月20日、倉敷市児島で開催された「夢のスター歌謡祭」を観賞に行きました。

同コンサートに行くのは、今年の3月以来、半年振り2度目でした。

今回も、往年の大スターが勢ぞろいし、懐かしい歌がたくさん聴けて、感動しました。

休憩時間と終演後には、やはり出演者がグッズ売り場に出てきました。

ぼくは、今回も、保科有里さんの所へ挨拶に行きました。

彼女は、ぼくのことを覚えていてくれました。

今回もCDを1枚買い、サインをもらい、ツーショット写真を撮らせてもらい、握手をしました。

まるでお友達のように気軽に話ができて、心が癒されました。

今回は、その保科有里さんの近くにいた黒沢年雄さんとも、少しだけ言葉を交わすことができました。

今後も、近くで開催される時は(倉敷ではなくても、関西あたりなら)、是非行きたいです。

 

9月22日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島へ野球観戦に行きました。

セリーグは広島の独走だったので、この試合は消化試合にならないだろうかと心配していましたが、なんとか消化試合にはなりませんでした。

広島は、いつも相手側の応援席も広島ファンでいっぱいになりますが、今回ぼくらが入った応援席は「ビジターパフォーマンスシート」で、ビジターチームのファンしか入れない所だったので、誰にも気兼ねせずに応援できました。

試合は、13:4で阪神の圧勝でした。

今度は、10月5日(明後日)の中日戦(甲子園)に行く予定です。

天気が心配ですが、もう予備日も無いので、中止になることはまず無いでしょうね。

クライマックスシリーズや日本シリーズの観戦予定は、今のところはありません。

 

| スポーツ&芸能 | 19:29 | trackbacks(0) |
訃報

元西武の一塁手・片平晋作氏が、昨日、膵臓癌のため亡くなられました。

68歳でした。

片平選手は、もともとは南海(現ソフトバンク)に所属していましたが、1982年に西武に移籍し、田淵選手らとともに、西武の黄金時代に活躍しました。

一塁手のレギュラーでしたが、当時は日本シリーズで指名打者が使えなかったため、日本シリーズでは田淵選手が一塁に入り、片平選手が外されたこともありましたが、一塁の守備は、片平選手の方が断然上でした。

日本シリーズで、田淵選手の守備固めで一塁に入り、打順が回ってきてホームランを打ったこともありました。

清原選手の加入後は出番が減り、1987年には大洋(現DeNA)に移籍し、1989年限りで現役を引退しました。

引退後は、西武でコーチや二軍監督を務め、2013年には、女子野球チームの監督を務めました。

 

フランスの歌手で、特に1960年代に活躍したフランス・ギャルさんが、今月7日、乳がんのため亡くなられました。

70歳でした。

フランス・ギャルさんの代表曲は、日本では 弘田三枝子さんや中尾ミエさんが歌って大ヒットした「夢見るシャンソン人形」でした。

ぼくがその曲を知ったのは20代の頃(ヒットして、20数年経った頃)でした。

最初は日本語版しか知りませんでしたが、とてもいい歌なので、いろいろ調べてみて、フランス・ギャルさんの歌であることを知り、CDを購入しました。

今も、そのCDは大切に保存しています。

ちなみに、「夢見るシャンソン人形」のシングルレコードが発売されたのは、ぼくが生まれた1965年9月だったらしいです。

 

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 19:50 | trackbacks(0) |
大相撲&ライブ

来月開催される大相撲秋場所の番付が、今朝発表されました。

早速、「相撲のページ」に新番付をアップしています。

大相撲秋場所は、9月10日からスタートします。

 

「好きな歌手、紹介」に掲載しているKAJAさんが、9月16日に大阪でライブを開催します。

但し、そのライブは、KAJAさんのソロライブではなく、KAJAさんが率いる「KAJA&JAMMIN’」のライブでもありません。

KAJAさんが芸能界にデビューした頃に結成していた「ハイウェイ」のライブです。

デビューして1年ほどで解散していたバンドですが、1日限りの再結成でライブを行うらしいです。

先日、マネージャーの寺岡さんからお知らせのメールが届いたので、早速ネットでチケットを注文し、昨日、コンビニで代金を支払って発券してもらい、チケットはゲットできました。

ぼくは、KAJAさんがハイウェイで活動していた頃のライブには、一度も行ったことがありません。

もう見ることができないだろうと思っていたライブが見られるようになり、夢のようです。

今から、とても楽しみです。

| スポーツ&芸能 | 17:08 | trackbacks(0) |
ダブルヘッダー

一昨日(8日・水曜日)、兵庫県西宮市でダブルヘッダーでした。

デーゲームの時間帯は、阪神甲子園球場でオープン戦(ロッテ戦)を観戦し、ナイターの時間帯は、西宮市民会館で同窓会コンサートを観賞しました。

 

甲子園へ行く場合、いつもはJRで三宮(JRの駅名は「三ノ宮」)まで行き、そこで阪神電車に乗り換えて甲子園まで行くのですが、今回は阪神電車は利用せず、ずっとJRでした。

阪神電車の甲子園駅と違い、JRの甲子園口駅は、球場からかなり離れています。

甲子園口駅から歩いて球場へ行きましたが、このルートで行くのは初めてなので、少し道に迷いました。

なんとか球場へたどり着き、早速入場しましたが、平日のオープン戦(しかもデーゲーム)ということもあり、客席はガラガラでした。

試合の方は、3:2で阪神が勝ちました。

若手選手がよく打ってくれました。

公式戦になっても、その若手選手たちを使い続けてほしいと思いました。

それにしても、観戦している間、とても寒かったです。

ちゃんと厚着をしていたのですが、それでも寒かったです。

それなのに、球場でビールを売っていたアルバイトの女性の中に、試合開始前から終了までずっと半袖を着ていた女性(多分、20歳前後)が居たのには驚きました。

試合終了後も、阪神電車は利用せず、JRでコンサート会場まで移動しました。

 

西宮駅に着くと、まず駅前のマクドナルドで夕食を済ませ、コインロッカーに不要物を預けて、西宮市民会館へ行きました。

今まで、同窓会コンサートは昼の部しか行ったことがありませんでしたが、今回、初めて夜の部を観賞に行きました。

今回も超豪華メンバーが揃い、素晴らしいコンサートでしたが、残念なこともありました。

いつもは、ショーの合間と終了後に、CD等の物品を販売している場所に出演者が出てくるのですが、今回はショーの合間の休憩時間も無く、終了後もさっさとバスに乗って帰りました。

夜の部ではいつもそうなのか、今回は事情があってそうしていたのかは、定かではありません。

でも、楽屋口から出演者が出てきてバスに乗っていたので、そこで待っていると、リリーズや伊藤咲子さんとも逢うことができ、少しですが言葉を交わすことができました。

全く話ができなかったよりは良かったですが、物品販売所で出演者と接触できるということも同窓会コンサートのいいところだったので、今回は、同窓会コンサートの良さが半減していたと言えるでしょう。

先程も書きましたとおり、コンサート自体は素晴らしいものでした。

なので、また行きたい気持ちには変わりはありません。

 

コンサート終了後も、JRを利用して帰りました。

しかも、倉敷までずっと鈍行でした。

従いまして、一昨日の交通費は、青春18きっぷ代だけで済みました。

但し、帰宅は夜中を過ぎ、就寝したのは午前2時頃でした。

次の日も仕事の日でしたが、予め職場に休暇を申し出ていたので、きちんと睡眠を取ることができました。

次のプロ野球観戦は、4月8日(土曜日)の巨人戦(甲子園)に行く予定です。

同窓会コンサートの方は、次の観賞日は未定です。

| スポーツ&芸能 | 13:56 | trackbacks(0) |
訃報

大相撲の元小結・羽黒岩関(戸田関)が、昨日、腎不全のため亡くなられました。

70歳でした。

彼は、最終的には「羽黒岩」の四股名を名乗りましたが、本名の「戸田」を四股名にしていた時期も長く、その「戸田」時代に、大相撲史に残ることをしています。

昭和44年春場所2日目、前日まで45連勝していた横綱・大鵬関と対戦しましたが、その勝負に勝ち、大鵬関の連勝をストップさせました。

そして、その勝負は、単に連勝をストップさせたと言うだけではありませんでした。

大鵬関が土俵外へ出る直前に戸田関の足が出ており、誤審による連勝ストップだったのです。

今でも、「世紀の大誤審」として、名勝負に必ず挙げられる相撲です。

しかも、その誤審がきっかけで、「勝負の判定にビデオを使う」という以前から検討されていた案が採用となり、翌場所から実施され、戸田関はまさに大相撲史に残ることをやったのです。

その後は、四股名を「羽黒岩」と改め、1場所だけ小結に上がりましたが、大敗して平幕に下がり、二度と三役には復帰できませんでした。

また、彼は初代・貴ノ花関に滅法強く、12回の対戦のうち、貴ノ花関が勝ったのはたったの3回だけでした。

NHKの大相撲中継の中で、アナウンサーが翌日の取組を紹介する時、「貴ノ花、明日は苦手の羽黒岩」とよく言っていました。

引退後は年寄「雷」を襲名し、後進の指導に当たっていましたが、晩年は体調を崩していました。

2011年に定年退職しましたが、その後も入退院を繰り返していました。

大相撲の歴史の1ページを作った力士が亡くなり、本当に残念に思います。

 

「8時だヨ!全員集合」の番組内で加藤茶さんと志村けんさんが演じていた「ヒゲダンス」のバックに流れていた音楽「ヒゲのテーマ」を作曲・編曲した、音楽家のたかしまあきひこ氏が、今月16日、膵臓癌のため亡くなられました。

73歳でした。

たかしま氏は、数多くの番組のBGMや、CMソングを手掛けていました。

中でも、先程も書いた「ヒゲのテーマ」は、最高傑作と言えるでしょう。

 

今入った情報ですが、声優の肝付兼太氏が今月20日、肺炎のため亡くなられました。

80歳でした。

肝付氏は、とても個性的な声で、その声を聞けば、「聞いたことある」と言う方が多いと思います。

ちなみに、ぼくは、昭和50年頃、「おはよう!こどもショー」内の人形劇「ドンケン」に登場した「ヘンゲ」の声として知りました。

「元祖天才バカボン」のおまわりさん(本管さん)の声も、印象に残っています。

 

戸田(羽黒岩)関、たかしまあきひこ氏、肝付兼太氏のご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 16:08 | trackbacks(0) |