RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< ドラフト会議 | main | 大相撲倉敷場所 >>
訃報

大相撲の元小結・羽黒岩関(戸田関)が、昨日、腎不全のため亡くなられました。

70歳でした。

彼は、最終的には「羽黒岩」の四股名を名乗りましたが、本名の「戸田」を四股名にしていた時期も長く、その「戸田」時代に、大相撲史に残ることをしています。

昭和44年春場所2日目、前日まで45連勝していた横綱・大鵬関と対戦しましたが、その勝負に勝ち、大鵬関の連勝をストップさせました。

そして、その勝負は、単に連勝をストップさせたと言うだけではありませんでした。

大鵬関が土俵外へ出る直前に戸田関の足が出ており、誤審による連勝ストップだったのです。

今でも、「世紀の大誤審」として、名勝負に必ず挙げられる相撲です。

しかも、その誤審がきっかけで、「勝負の判定にビデオを使う」という以前から検討されていた案が採用となり、翌場所から実施され、戸田関はまさに大相撲史に残ることをやったのです。

その後は、四股名を「羽黒岩」と改め、1場所だけ小結に上がりましたが、大敗して平幕に下がり、二度と三役には復帰できませんでした。

また、彼は初代・貴ノ花関に滅法強く、12回の対戦のうち、貴ノ花関が勝ったのはたったの3回だけでした。

NHKの大相撲中継の中で、アナウンサーが翌日の取組を紹介する時、「貴ノ花、明日は苦手の羽黒岩」とよく言っていました。

引退後は年寄「雷」を襲名し、後進の指導に当たっていましたが、晩年は体調を崩していました。

2011年に定年退職しましたが、その後も入退院を繰り返していました。

大相撲の歴史の1ページを作った力士が亡くなり、本当に残念に思います。

 

「8時だヨ!全員集合」の番組内で加藤茶さんと志村けんさんが演じていた「ヒゲダンス」のバックに流れていた音楽「ヒゲのテーマ」を作曲・編曲した、音楽家のたかしまあきひこ氏が、今月16日、膵臓癌のため亡くなられました。

73歳でした。

たかしま氏は、数多くの番組のBGMや、CMソングを手掛けていました。

中でも、先程も書いた「ヒゲのテーマ」は、最高傑作と言えるでしょう。

 

今入った情報ですが、声優の肝付兼太氏が今月20日、肺炎のため亡くなられました。

80歳でした。

肝付氏は、とても個性的な声で、その声を聞けば、「聞いたことある」と言う方が多いと思います。

ちなみに、ぼくは、昭和50年頃、「おはよう!こどもショー」内の人形劇「ドンケン」に登場した「ヘンゲ」の声として知りました。

「元祖天才バカボン」のおまわりさん(本管さん)の声も、印象に残っています。

 

戸田(羽黒岩)関、たかしまあきひこ氏、肝付兼太氏のご冥福をお祈りします。

| スポーツ&芸能 | 16:08 | trackbacks(0) |
トラックバック機能は終了しました。