RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< 1日限りのハイウェイ復活ライブ | main | 大相撲秋場所、閉幕 >>
目の前で、相手チームが胴上げ

昨日、阪神甲子園球場へ観戦に行ってきました。

午前7時40分頃、駅のホームに付きましたが、前日の台風の影響で、電車の遅れや運休が多発していました。

最初は、倉敷から相生まで乗り換え無しで行ける電車に乗るつもりでしたが、その電車も運休となっていたため、とりあえず岡山まで行ってみました。

岡山からだと、相生あたりまで乗り換え無しで行ける電車があるだろうと期待していたのですが、やはり遅れや運休が多く、次に相生あたりまで行く電車の出発時刻がはっきりしていませんでした。

在来線を宛にして待っていては、試合開始時間に間に合わなくなる恐れもあったので、新幹線で西明石まで行き、新快速で三宮まで行き、阪神電車で甲子園まで行きました。

新幹線も利用したので、いつもより早く甲子園に到着しました。

 

試合の方は、優勝に王手がかかっている広島が相手でした。

広島が優位に試合を進めていましたが、阪神も若手の中谷選手、陽川選手がホームランを打ち、7回に同点に追いつきました。

しかし、その直後の8回表に1点を取られ、3:2の惜敗でした。

(写真をクリックすると、拡大表示されます。)
相手チームの優勝が決まって胴上げをする光景を初めて目の当たりにして、悔しい気持ちは否めませんが、なかなか見ることのできないものが見られたということで、ある意味、良い日に行けたということでしょう。

ちなみに、ぼくは、阪神の優勝が決まる瞬間も、球場で見たことはありません。

1985年はラジオで聴き、2003年・2005年はテレビで見ました。

 

昨日の試合の始球式は、来月から放送開始予定の連続テレビ小説「わろてんか」に主演する、女優の葵わかなくんでした。

| スポーツ | 11:43 | trackbacks(0) |
http://edelweiss-blog.inside-ricefield.com/trackback/807645