RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< もうひとつの千秋楽 | main | 大相撲の新番付 >>
相撲協会の理事候補選挙
一昨日、日本相撲協会の理事候補選挙が行われました。
定員10人に対し、11人の親方が立候補し、投票の結果、貴乃花親方が落選となりました。
貴乃花一門は、所属する親方の人数が少ないので、1人を当選させることは可能でも、2人を当選させるのは無理な状況でした。
それにもかかわらず、貴乃花親方と阿武松親方の2人が立候補しました。
ぼくは、貴乃花親方が他の一門の親方衆と話し合いをして、当選できるくらいの人数を集め、当選の目処が立っているのかと思いました。
ところが、貴乃花親方は2票しか得られず、まさに大敗でした。
阿武松親方を優先的に票固めをしていると聞いていましたが、貴乃花親方の方の票固めはできていなかったようです。
貴乃花一門には8人の親方が居り、時津風一門を離脱した3人の親方も貴乃花一門に協力すると見られていたので、同一門の票数は全部で11票になるはずなので、他の一門からの獲得票が全く無かったということでしょう。
貴乃花親方と阿武松親方の票数を足すと10票なので、他の一門からの獲得票どころか、むしろ、貴乃花一門から他の一門に1票流出してしまったということです。
他の一門の親方に協力を依頼せず、更には他の一門に票が流出してしまい、本当に、何のために2人が出馬したのか、不可解です。
テレビのワイドショー等でも、いろいろと憶測し、好き勝手に言っているようですが、ぼくも、何故このような結果になったのかを考えていました。
いろいろ考えていると、これから書くようなことが思えてきました。
貴乃花親方は、本当は、今回の理事選に出馬する意思は無かったのではないでしょうか?
一連の不祥事で、理事を解任されたばかりなので、今回は自粛したかったのではないかと思います。
ところが、貴乃花親方は、性格上「不祥事の責任を取り、今回は自粛したい」とは言えず、出馬して落選するという形にしたのではないでしょうか?
そう考えれば、票数が足りないのを承知で2人が出馬し、阿武松親方を優先的に票固めをし、他の一門の親方に貴乃花親方への投票依頼をしなかったことも納得できます。
そして、他の一門に流出したと言われている1票も、造反者が居るなどと言われていますが、もしかしたら、貴乃花親方本人が他の一門の親方に投票したのかもしれません。
先程書いたようなことを考えると、この件もつじつまが合います。
もちろん、これはぼくの憶測にすぎないので、書いていることが全て正しいとは思っていません。
ぼくも、ワイドショー等と同じように、憶測してみただけです。

 

次回の理事改選は、2年後です。
貴乃花親方は、以前から他の一門の親方衆にも信頼されているし、行動力もあるし、大相撲の改革に人一倍情熱を持っているので、2年後には、貴乃花一門から2人出馬した場合でもどちらも当選できるくらいになっているような気がします。

 

今回の選挙で当選した親方たちは、春場所後に正式に就任します。
「相撲のページ」の「年寄一覧表」は、そのあとに更新する予定です。

 

| スポーツ | 15:52 | trackbacks(0) |
http://edelweiss-blog.inside-ricefield.com/trackback/807667