RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< 野球観戦 | main | いろいろ >>
勝ち試合を観戦

一昨日(8月4日・土曜日)、大阪ドーム(京セラドーム大阪)へ観戦に行きました。

早く大阪に着いたので、大阪環状線で1周余分に回り、ドームへ行きました。

相変わらずの猛暑で、入り口の前で待つのはきつそうだったので、開門ぎりぎりまで近くのデパートの中に居ました。

16時に開門され、入場しました。

ドームの中は、気温は外よりもだいぶ低いようでしたが、風が全くありませんでした。

観戦中も、ドーム球場特有の暑さに悩まされ、ほとんどの時間、うちわで煽いでいました。

試合の方は、初回に2点を先制しましたが、4回表に6点を取られて逆転され、5回表にも1点を取られ、完敗ムードとなりました。

その時は、「今日は駄目だろう」と諦め半分でした。

ところが、5回裏に2点を、6回裏には3点を取って同点となり、7回裏に1点を取って逆転しました。

まだまだ観戦したい気持ちはやまやまでしたが、その日は、睡眠不足と猛暑のせいか体調がすこぶる悪く、試合終了まで体が持つ自信が無かったので、7回裏の攻撃が終わった時点で帰りました。(次の日の新聞配達は休暇をもらっていたのですが)

帰りの電車の中でも、常にスマートフォンで経過をチェックしていましたが、9回表、1点を返されて同点となり、その裏の阪神は0点で、延長戦に突入しました。

延長11回の表、1点を取られてリードを許し、今度こそは本当に駄目かと思いました。

しかし、その裏、原口選手と糸原選手の連打で同点に追いつき、更には北條選手の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。

その劇的な瞬間を見られなかったのは残念でしたが、もし最後まで観戦していたら、最終電車(新幹線)にも間に合わなかったし、体調もますます悪くなったかもしれないので、早く帰ったのは正解だったかもしれません。

 

一昨日の試合は、もともとは観戦に行く予定ではありませんでしたが、6月中旬にチケットの残数を調べてみたらまだ残っているようだったので、急遽行くことにしました。

それが負け試合になったり、中止になったりせず、ラッキーでした。

次回は、今月21日の二軍戦(広島戦・倉敷マスカットスタジアム)に行く予定です。

 

| スポーツ | 16:36 | trackbacks(0) |
http://edelweiss-blog.inside-ricefield.com/trackback/807687