RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< いろいろ | main | リリーズのライブ >>
大相撲初場所、閉幕

大相撲初場所は、昨日閉幕しました。

今場所は、休場&引退が相次ぎ、寂しかったですね。

その寂しさを忘れさせてくれる活躍をしたのは、玉鷲関でした。

玉鷲関は、30歳を過ぎたあたりからとても強くなり、近年は、三役〜平幕上位に定着していました。

34歳と言えば、既に現役を引退している人も多いですが、諦めずに頑張り続け、ついに優勝を勝ち取りました。

その優勝は、同年代の力士たちに、夢と希望を与えたことでしょう。

来場所は、大関挑戦の場所となるでしょうが、やはり、先場所が平幕だったので、昇進目安の33勝にぎりぎりの11勝では見送りになるかもしれませんね。

ぼくも、横綱や大関を倒して12勝以上を条件にしてもらいたいと思っています。

 

大関を狙っていた貴景勝関は、昇進目安の33勝に到達していましたが、千秋楽の相撲内容がすこぶる悪く、昇進は見送りとなりました。

ぼくも、今回の見送りには賛成でした。

13勝→11勝と来たので、来場所は9勝で33勝に到達しますが、9勝で大関昇進ということはあり得ません。

ぼくは、「『大関昇進の直前場所は、11勝以上』を条件にすべき」と以前から考えていました。

貴景勝関は、来場所は11勝以上で大関に昇進してほしいです。

 

4日目の稀勢の里関に続き、10日目にはベテランの豪風関も引退を表明しました。

今場所優勝の玉鷲関の年齢を大きく上回っていますが、十両に落ちても相撲を取り続け、ここまでよく頑張りました。

今後は年寄「押尾川」を襲名し、後進の指導に当たります。

 

今場所の三賞は、殊勲賞=玉鷲関&御嶽海関、敢闘賞=玉鷲関、技能賞=貴景勝関と決定しました。

まあ、妥当な選考ですね。

途中休場していた御嶽海関が受賞したことにも、異議はありません。

欲を言えば、玉鷲関は殊勲賞&敢闘賞より、敢闘賞&技能賞の方がよかったかもしれません。

また、魁聖関、遠藤関、阿炎関も、千秋楽に勝てば貴景勝関と同じ11勝だっただけに、何か与えてもよかったと思います。

 

ぼくは、「相撲のページ」の「初場所、結果」に載せている来場所の私製番付で、初めは東関脇=玉鷲関、西=貴景勝関と書いていましたが、先程、東西を入れ替えました。

今場所の成績で言えば、玉鷲関が東になるのが当然でしょう。

しかし、今場所の成績よりも、どちらが大関に最も近いかを考えて、貴景勝関を東にしました。

ここ数場所の成績を見ても、貴景勝関の方が大関に近いと判断しました。

もし、玉鷲関が東で貴景勝関が西だと、東が11勝で見送りになるのに、西が11勝で昇進できるという矛盾も生じます。

なので、関脇は東=貴景勝関、西=玉鷲関とするのが妥当でしょう。

 

来場所(春場所)は、3月10日から開催されます。

平成最後の本場所となります。

| スポーツ | 19:11 | trackbacks(0) |
http://edelweiss-blog.inside-ricefield.com/trackback/807711