RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< 訃報 | main | 新元号、発表 >>
大相撲春場所、閉幕

みなさん、ご無沙汰していました。前回の投稿以来、1ヵ月以上経っていますね。その間、大相撲の新番付が発表され、春場所が開幕し、場所中もいろいろな出来事があり、ブログに書きたいことがたくさんありましたが、なかなか書くことができませんでした。パソコンに向かう時間が無かった訳ではなかったのですが、ブログに投稿しようとすると眠気に襲われ、投稿の途中で眠ってしまい、目が覚めた時は、本当に寝なければならない時間になっているということも多く、書きそびれていました。大相撲の話題以外にも、プロ野球のチケットが取れたことや、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに参加したこと、オープン戦を観戦に行ったことなど、たくさん書きそびれていました。今回は、とりあえず、大相撲春場所の総評を書きます。

 

大相撲春場所は、本日閉幕しました。
先場所休場した白鵬関が、復活優勝を飾りました。しかも、15戦全勝でした。怪我が無ければ、まだまだ白鵬関が第一人者のようです。優勝を争った逸ノ城関も、1勝差を保ち続け、千秋楽結びの一番まで楽しみが残りました。でも、ひとつ納得が行かなかったのは、その逸ノ城関が横綱と対戦しなかったことです。割を崩してでも、横綱と対戦させるべきでした。横綱同士、大関同士、横綱:大関の取組を、終盤にまとめて組ませるのではなく、均等に組ませれば、下位での好成績者を終盤に横綱や大関と組ませることができたのです。もっとよく考えて、取組編成をしてもらいたかったです。

 

大関を狙う貴景勝関は、千秋楽に勝って10勝目を挙げ、大関昇進を確実としました。でも、ぼくは、今一賛成ではありません。「大関昇進直前の場所は、最低でも11勝」というのが、ぼくの考えです。3場所の合計が34勝ですし、本日の相撲内容は良かったですが、負けた相撲の内容は良くなかったので、もう1場所様子を見てもいいと思いました。

 

角番大関の栃ノ心関は、本日敗れて負け越しとなり、来場所は関脇に陥落します。大関昇進前の強さはどこへやら、最近は怪我も多く、実力を発揮できていません。来場所、10勝以上で大関に復帰できますが、ここ数場所の栃ノ心関を見ていると、10勝もできそうな感じはしませんね。

 

元大関・照ノ富士関は、膝の怪我でしばらく休場していましたが、序二段に陥落した今場所、久々に出場しました。膝の具合はまだまだ良くないようでしたが、やはり元大関だけに、序二段力士では相手にならず、7戦全勝でした。序二段にはもう1人全勝の力士が居ました。同じモンゴル出身で、高校の後輩である狼雅君と優勝決定戦を行いましたが、なんと、元大関が、入門して4場所目の力士に完敗しました。確かに、狼雅君も実力のある有望力士のようですが、まさか、元大関が序二段力士に完敗するとは思いませんでした。やはり、照ノ富士関の膝の具合は良くないのですね。大関に居た時からしばらく休み、治療に専念しておくべきでしたね。来場所は、2人とも三段目に上がりますが、また優勝を争うのでしょうか?

 

三賞は、殊勲賞=逸ノ城関、敢闘賞=碧山関、技能賞=貴景勝関と決定しました。殊勲賞は、本来は横綱・大関・優勝力士を倒した力士が該当しますが、今場所は、優勝に準ずる成績を残した逸ノ城関が受賞しました。ぼくは、逸ノ城関が決定戦に進出し、決定戦で白鵬関に勝った場合に殊勲賞を与えてほしいと思いました。決定戦に進出できなかった場合は、敢闘賞の方が妥当かと思いました。こういう点から考えても、やはり、逸ノ城関は横綱と組ませるべきでした。碧山関の敢闘賞と貴景勝関の技能賞は、妥当な選考だと思います。

 

14日目、元幕内の天鎧鵬関が、引退を表明しました。天鎧鵬関は大学出ですが、幕下付出の資格が得られず、前相撲から初土俵を踏みました。わずか4場所で幕下まで進みましたが、幕下には4年間在位して十両に昇進しました。でも、比較的早い出世での十両入りだと思います。幕内には7場所在位しましたが、約3年前に幕下に陥落し、今場所は勝ち越したものの、引退することとなりました。今後は、年寄「秀ノ山」を襲名し、更新の指導に当たりますが、「秀ノ山」の名跡は琴奨菊関が所有しているはずなので、借株と考えられます。

 

13日目の宝富士:輝戦で「引っ掛け」という決まり手が出ました。本当は、その相撲以外にも「引っ掛け」という決まり手は出ていたのですが、最近は、「引っ掛け」であっても「取ったり」と発表されることが多く、決まり手の発表の不正確さを感じていました。13日目のその相撲でも、「また『取ったり』と発表するのか?」と心配していましたが、久し振りに正しい決まり手が発表されました。
14日目の翔猿:蒼国来戦の決まり手は「蹴たぐり」と発表され、アナウンサーは「立ち合い一瞬の技ではないので、『蹴返し』の方が妥当ではないか」としきりに言っていましたが、ぼくは、発表どおりの「蹴たぐり」が妥当だったと思います。立ち合い一瞬でないからと言って「蹴返し」と決めつけなかったのは、正しい判断でした。

 

「相撲のページ」の「春場所、番付」を「春場所、結果」に差し替えています。また、「年寄一覧表」「相撲部屋一覧表」も更新しています。

 

春場所の番付発表や、開幕のこと等をこちらに書きそびれてしまったので、総評だけは遅れずに書こうと思い、頑張って書きました。

| スポーツ | 19:50 | trackbacks(0) |
http://edelweiss-blog.inside-ricefield.com/trackback/807714