RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
<< 七月場所、総評 | main |
いろいろ

またまたご無沙汰していました。

母は、今も入院しています。骨が弱っていて、くっつくのに日にちがかかりましたが、もう少ししたら、リハビリ専門の病院に転院できそうです。

 

8月22日、夢グループ主催の「夢スター歌謡祭 春・秋」を見に行きました。そのコンサートは、以前から何度も見に行っており、こちらのブログにも何度か書いたことがありましたが、コロナの影響で3月頃から休止になっていました。3月〜6月に予定されていて延期になったコンサートの代替日はまだ決まっていないのですが、先月、規模を小さくして数ヵ所で開催されました。ぼくが見に行ったのは、大阪府豊中市の豊中市立文化芸術センターで開催されたコンサートでした。入口では体温を測定され、手を消毒して入場し、間隔を開けて座り、「CDやグッズの即売はしない」「声援を飛ばしてはいけない」「プレゼントを渡してはいけない」など規制が多かったです。途中の休憩時間や終演後に行われていたCDやグッズの販売もありませんでした。コンサート自体は、たくさんの懐かしい歌手が出演した素晴らしいものでしたが、夢グループのコンサートは、CDやグッズ等が出演者本人の目の前で販売され、出演者と接することができるというところが、他のコンサートと違って、良いところでしたが、この度のコンサートは、普通のコンサートと同じレベルでした。コロナが未だに終息の目処が立たない中、コンサートを楽しみにしている人たちのために開催してくれたので、仕方がないと言えばそれまでですが、早く、もとの“夢グループならではのコンサート”に戻ってほしいと実感しました。

 

8月30日、岡山市の「MO;GLA」(モグラ)というライブハウスで開催されたライブを見に行きました。そのライブの主催は、ぼくがフリーライブでよく行っている店のママさんの☆NORi☆さんでした。先月から誘われており、OKの返事をし、約束どおり行きました。☆NORi☆さん所縁のミュージシャンたちが4組出演しましたが、みなさん、個性的なミュージシャンばかりで、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。機会があれば、また行きたいです。

 

8月31日、大相撲九月場所の新番付が発表されました。先場所小結で11勝した大栄翔関が関脇に昇進し、関脇が3人になりました。先場所関脇に居た正代関や御嶽海関も11勝だったので、本来なら大栄翔関の関脇昇進に異論は無いのですが、先場所の大栄翔関は、11勝の中に不戦勝が2番もあったので、実質的には9番しか勝っていません。なので、昇進は見送りにした方がいいのではと思いました。ぼくは、以前から思っているのですが、不戦勝・不戦敗は廃止すればいいと思います。休場力士が出た場合は、当日でも割り返し(取組の組み直し)をすればいいのです。でも、そういうことをすれば、来場した観客に配布された取組表のとおりに取組が行われない(または、取組表を急いで作り直して、改めて配布しないといけない)という問題も起こるので、無理かもしれませんね。

十両の木崎海関が、引退を表明しました。引退理由は、「首の故障で、現役続行が困難と判断した」とのことですが、まだ25歳で、これから伸びる可能性も大きかっただけに、残念です。

 

私事で恐縮ですが、9月4日、55回目の誕生日でした。誕生日を喜ぶような年齢でもなくなりましたが、誕生日に「おめでとう」と言ってもらえると、やはり嬉しいです。誕生日の前日、ケーキを作りました。61作目ということで、だんだんネタ切れになってきましたが、今回は、店でスーパーマリオのチョコレートを見つけたので、以前使ったことのあるアンパンマンのチョコレートやマカダミアチョコレートも一緒に買って帰り、なんとか完成させました。おいしかったです。

 

NHKの朝ドラ「エール」も、コロナの影響で撮影ができず、休止状態となり、第1話からの再放送が行われていましたが、14日より本放送が再開されることとなりました。朝ドラも生活の一部であるだけに、嬉しいです。

 

ぼくがよく参加している「市民あるく日」は、今年いっぱいは全て中止となりました。2021年1月から再開される予定のようですが、詳細は正式に決まっていないでしょう。ぼくが「市民あるく日」に初めて参加した時、「もし、1年に1回しか開催されず、あとは全部中止になった場合は、1回だけでも皆勤賞になるのだろうか?」と職員の人に質問すると、「前例がないので……」といわれました。その時は、冗談のつもりで質問してみたのですが、今年は、それに近い状態になりました。皆勤賞は、どうするのでしょうね?

 

しばらくブログの投稿ができなかったので、急いでいろいろ書いてしまいました。もし、字の間違いや、文章のおかしい箇所があった場合は、ご了承ください。

| いろいろ | 09:18 | - |