RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS



















09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

EDELWEISS ブログ

こちらは、「EDELWEISS」のブログです。
管理人・ゆうじの日記帳のようなものです。
ホームページの更新情報、スポーツ情報、芸能情報など、
いろいろな情報を不定期に書いていきます。
大相撲名古屋場所、開幕

本日より、大相撲名古屋場所が始まりました。

注目の新大関・皸卒悗蓮黒星スタートとなりました。

新大関のプレッシャーでしょうか?

怪我が治っていないのに強行出場している横綱・稀勢の里関も、完敗でした。

ぼくは、今場所も休場すべきだと思いました。

横綱・日馬富士関も黒星スタートとなりましたし、大関は全滅でした。

まさに、大波乱の幕開けでした。

| スポーツ | 20:23 | trackbacks(0) |
NHK朝ドラ情報

現在放送されている「ひよっこ」の次の次に放送される「半分、青い。」の主演者が決まり、昨日発表されました。

選ばれたのは、東京都出身の女優・永野芽郁くんです。

17歳でありながら、過去に多数の映画やドラマに出演しています。

「半分、青い。」は、来年の4月から放送される予定です。

 

当ホームページの「その他いろいろ」の「NHK連続テレビ小説一覧表」を更新しています。

| テレビ番組 | 13:19 | trackbacks(0) |
遅くなりましたが……

今月4日(日曜日)、阪神甲子園球場へ観戦に行きました。

チケットは前売で買っていましたが、座席は前から2番目で、少し見えにくかったです。

先制点は阪神が取りましたが、6回に2点を取られて逆転され、9回にも1点を取られ、3:1となりました。

ぼくは、次の日も新聞配達があったので、あまり遅くならないうちに帰ろうと決めていました。

3点目を取られた時、「電車が混まないうちに、ここらで帰ろう」と思い、駅に直行しました。

もちろん、その後の経過も気になったので、今月の初めに買い換えたスマートフォンでチェックしていました。

すると、ぼくが帰った直後に同点に追いついたことが分かりました。

しばらくして、もう一度アクセスしてみると、みごとにサヨナラ勝ちしていました。

嬉しさと悔しさが、半々でした。

もし次の日が新聞休刊日なら、絶対に最後まで居たでしょう。

何はともあれ、ぼくが観戦に行った試合が勝ち試合で良かったです。

 

遅くなりましたが、先日の観戦試合の報告でした。

 

次は、7月11日(火曜日)の中日戦(倉敷マスカットスタジアム)に行く予定です。

| スポーツ | 16:35 | trackbacks(0) |
大関・皸臓誕生

本日、大相撲の番付編成会議が行われ、皸卒悗梁膣悗狆鎖覆正式決定しました。

伝達式では、難しい言葉は使わず、シンプルな向上を間違えることなく述べることができました。

これで、横綱と大関に田子ノ浦部屋の力士がひとりずつ居ることになります。

田子ノ浦親方も、名伯楽ですね。

先代の師匠も、天国で喜んでいるでしょう。

四股名の方は、今後も改名はせず、本名で取り続けるようです。

デーモン小暮氏も、皸卒悗了邑毀召鮃佑┐討い燭茲Δ任垢、その四股名も名乗ることは無さそうです。

 

本日の番付編成会議で、英乃海関の実弟の岩崎君の十両昇進も決まりましたが、彼は、十両入りを機に改名しました。

「翔猿」(とびざる)という変わった四股名を名乗ることになりました。

英乃海関と翔猿関は、兄弟ですが所属部屋は違います。

そういう場合も、本場所(本割)で対戦することはありません。

| スポーツ | 20:43 | trackbacks(0) |
お蔭様で18周年

みなさん、いつも当ホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

1999年5月30日に開設しました当ホームページは、お蔭様で18周年を迎えることができました。

これからも、続けられる限り続けて行きたいと思います。

みなさん、今後も今まで同様、よろしくお願いします。

 

| ホームページ情報 | 03:06 | trackbacks(0) |
リリーズのライブ

一昨日(5月27日)、リリーズのライブを観賞に行きました。

場所は、昨年も二度行きました、大阪府高槻市のライブハウス「MUSIC SQUARE 1624 TENJIN」でした。

先月の交通事故以来、岡山県外に出るのは初めてでしたが、無事にたどり着きました。

 

往年のヒット曲がたくさん聴けましたし、今回はクイズのコーナーもあり、楽しかったです。

クイズは5問出題されましたが、ぼくは3問正解でした。

終演後には、物品販売所でリリーズと会話しました。

先月の交通事故のことは、スタッフの方にメールで知らせており、リリーズにも伝えられていたので、「大丈夫ですか?」「無理はしないように」など、言葉をかけていただきました。

今回は、リリーズのネーム入りのタオルを購入しました。

リリーズのライブも、同窓会コンサートも、また行きたいです。

 

当ホームページの「好きな歌手、紹介」に、リリーズを追加しました。

| 芸能 | 16:21 | trackbacks(0) |
大相撲夏場所、閉幕

大相撲夏場所は、本日閉幕しました。

白鵬関の1年振りの優勝、しかも全勝優勝でした。

一時は限界説も流れましたが、まだまだやれるというところを見せつけました。

通算の白星は1,036勝となり、魁皇関の記録・1,047勝まであと11勝となりました。
早ければ名古屋場所、遅くとも秋場所には記録を更新できそうですね。

今場所は、鶴竜関が5日目から休場し、稀勢の里関も11日目から休場しました。

4横綱が半分の2横綱になりましたが、優勝した白鵬関と共に、もうひとりの横綱・日馬富士関もよく頑張りました。

 

大関昇進が期待されていた皸卒悗蓮11勝の好成績を残し、大関昇進を確実としました。

大関昇進の目安として、「昇進前の3場所で33勝」とよく言われ、それに従えば、皸卒悗郎場所10勝で合格でした。

でも、ぼくは、10勝では物足りないと思いました。

ぼくは、「昇進前の3場所で33勝」というのは反対ではありませんでしたが、もうひとつの条件として、「昇進直前の場所は11勝以上」というのを追加した方がいいと以前から考えていました。

今場所の皸卒悗蓮△修両魴錣鬚佞燭弔箸皀リアしたので、ぼくとしては、大関昇進に異論はありません。

 

三賞は、殊勲賞=御嶽海関、敢闘賞=阿武咲関、技能賞=皸卒悄Σ塗関と決まりました。

御嶽海関は、初日から勝ち続けていた横綱・白鵬関に土をつけたのですから、8勝7敗でも充分該当します。

殊勲賞につきましては、妥当な選考だと思います。

敢闘賞の阿武咲関も、新入幕で2桁勝っているのですから、妥当な選考ですね。

技能賞の皸卒悗癲妥当な選考ですね。

しかし、嘉風関の技能賞はいかがなものかと思いました。

確かに、嘉風関は相撲がうまく、技能賞に該当するかもしれません。

でも、12勝を挙げた栃ノ心関や、11勝を挙げた貴景勝関・宇良関が三賞に選ばれていないのに、8勝7敗の嘉風関が選ばれているのは納得いきません。

今場所も、「三賞は、千秋楽の全ての取組を終えて選考してほしい」と感じました。

 

場所前に、元関脇・朝赤龍関が引退を表明し、年寄「錦島」を襲名しました。

そして、本日、元幕内・佐田の富士関が引退を表明し、年寄「中村」を襲名しました。

両者とも、年寄名跡は所有しておらず、借株での襲名です。

 

「相撲のページ」の「夏場所、番付」を「夏場所、結果」に差し替えています。

「相撲部屋一覧表」「年寄一覧表」も更新しています。

| スポーツ | 20:47 | trackbacks(0) |
大相撲夏場所、開幕

昨日より、大相撲夏場所が始まりました。

先場所、負傷したにもかかわらず強行出場し、逆転優勝を成し遂げた稀勢の里関でしたが、怪我はほとんど治っておらず、昨日も左はほとんど使えずに完敗でした。

やはり、休場して治療に専念すべきだったのでしょうか?

昨日は、鶴竜関と照ノ富士関も敗れ、波乱の幕開けでした。

大関を狙う皸卒悗蓮白星スタートでした。

新入幕の2人は、豊山関は白星でしたが、阿武咲関は敗れ、明暗が分かれました。

大相撲夏場所は、28日まで行われます。

 

場所前に、元関脇・朝赤龍関が引退を表明しました。

14年半も関取の地位を維持していましたが、今年の初場所から幕下に陥落し、十両復帰を目指して頑張っていましたが、復帰はならず、引退することになりました。

今後は、年寄「錦島」を襲名し、高砂部屋で後進の指導に当たります。

尚、「錦島」の名跡は、現在豊ノ島関が所有しており、朝赤龍関は借株での襲名です。

先日、「年寄一覧表」「相撲部屋一覧表」を更新しています。

| スポーツ | 11:10 | trackbacks(0) |
テレビで観戦

本日のプロ野球は、いろいろと考えた結果、球場での観戦は断念し、自宅のテレビで観戦しました。

 

| スポーツ | 19:48 | trackbacks(0) |
ライブ観賞

昨晩、岡山市にある「the ORiON」というライブバーに、ライブ観賞に行きました。

出演したミュージシャンは、あめり健クニさんです。

彼は、神戸に在住するミュージシャンで、関西を中心にライブ活動をしています。

当ホームページでもよく紹介しています、元歌手の故・山崎アキラさんのお弟子さんです。

一昨年の2月、西宮の「YELLOW RIBBON」で山崎アキラさんのボーカル教室が開催されましたが、その音楽教室の発起人が、あめり健クニさんでした。

それ以来、ぼくとあめり健クニさんは知り合いとなり、メール等で連絡を取り合っていました。

数ヵ月前、彼から「岡山の『オリオン』という店でライブをすることになったが、見に来ないか」と誘われました。

ぼくは、山崎アキラさんのお弟子さんである彼のライブを以前から見たいと思っていたので、OKの返事をしました。

みなさんもご存知のとおり、ぼくは、先月の19日に事故に遭い、現在も完治していない状態ですが、最近は仕事も(一部だけ)再開しているし、岡山市だと遠くはないし、ぼくが歌ったり演奏したりするわけではないので体に負担がかかるわけでもないので、予定どおり行きました。

ぼくは、山崎アキラさんの遺影(と言っても、2年前にぼくが撮影した写真を額に入れたもの)を持って行きました。

昨日、あめり健クニさんはぼくの家の近くまで車で迎えに来てくれて、会場まで連れて行ってくれました。

ライブでは、山崎アキラさんの歌を2曲と、オリジナル曲を数曲歌い、あとは、自分のレパートリーのリストをカウンターに置き、来場者がそれを見て自由にリクエストできるという企画もありました。

歌い方が、師匠・山崎アキラさんに似ており(師匠の教えを忠実に守っており)、とてもいいライブでした。

もちろん、CDも買いました。

昨日のライブには、もうひとり、Kyou Tsukinoさんというミュージシャンも来ていましたが、その人もなかなかの歌唱力でした。

チャージは2,000円(ドリンク代を含む)でしたが、このような素晴らしいミュージシャン2人で2,000円とは安いです。

ライブバーのママさんは、ミュージシャンの活動もしているNORiさんという女性でした。

ぼくと同世代だそうですが、なかなかの別嬪さんで、ぼくが阪神ファンだと言うと、阪神のグッズをプレゼントしてくれました。

素晴らしい音楽を聴き、新しい出逢いもあり、楽しいひと時でした。

終了後は、あめり健クニさんが家まで車で送ってくれました。

機会があれは、是非また行きたいと思います。

 

話は変わりますが、明日は、阪神甲子園球場で行われる阪神:広島戦に行く予定です。

先月8日、甲子園まで観戦に行った阪神:巨人戦がノーゲームになり、その代替えとして、明日のチケットを買っていました。

そのチケットを買った頃は、まだ事故に遭う前でした。

明日、行こうか行くまいか、迷っています。

もちろん、行きたい気持ちはやまやまです。

仕事も再開しているし、ライブに行っても大丈夫だったので、行けないこともないと思います。

でも、距離が遠いし、人混みの中に入るし、その上天気も良くなさそうなので、絶対に怪我を悪化させないという自信はありません。

全ては、明日の朝、新聞配達を終えてから考えようと思います。

| 芸能 | 19:11 | trackbacks(0) |